食 | SST'S フィールドスケッチ
  • 2018.02.09 Friday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

上州の台湾ラーメン!?
ハリガネムシのエントリーの次に麺類の紹介……いうのも微妙ですが、今回は上州のラーメンをご紹介いたします。

上信越道下仁田インターから上野村方面に向かう道すがら、"南牧村"を通過します。
そのとき、南牧のささやかな商店街の一角に『台湾ラーメン』と書かれた大きな看板を目にすることでしょう。
そこは『自然休養村管理センター』という大きな建物の1階のフロアを利用した台湾料理をメインにした食堂。お店の名前も役場に確認したら、そのまま『自然休養村管理センター』でいいのだそうです。

印象として、一見さんにはたいへん入りづらい雰囲気があるのですが、先日、友人数名と恐る恐る入ってみました。

台湾ラーメン in 上州
そもそも台湾ラーメンとは、名古屋発祥の辛口ラーメンのこと。
元祖台湾ラーメンの"味仙"には、名古屋の友人に連れて行ってもらったことがあります。
辛くて味の強い、濃厚な味わいでした。

それに対して、上州南牧村の台湾ラーメンは意外にあっさりしていて、残ったスープに冷飯入れて……という濃さはありません。
しかしながら、予想外の美味しさに、スープまで全部飲み干してしまいました。

広〜い店内
麻婆丼&焼き餃子
以来、数回出かけて、メニューの料理をいろいろ試食してみました。

麺類と焼き餃子、それにチヂミ(韓国料理ですが)はかなりイケます。
ご飯系は好き嫌いがあるかもしれませんが、ちょっと楽しみなお店です。

この秋、『神流川オフ・シーズン ニジマス釣り場』へ出かけた帰りにでも、寄ってみてはいかがでしょう。



※残念ながらすでに廃業された様子で、道路際の看板だけが残されています(2010年 春現在)。
上野村のお食事処
ウルトラ盛り!!
"食欲の秋"です!

上野村は『道の駅』向かい側にあるお蕎麦屋さん"福寿庵"の上天丼、普通盛り(もりそば付き)!!
上野村漁協の松元組合長もシアワセそうです。

いつの頃からか上野村内のお食事処では、こんな大盛りが普通になってしまいました。
以前、このブログでもご紹介した峠のうどん"藤屋"さんの影響があるのかもしれませんね。

上野村『福寿庵』
かつて、こちらのお店はそれほど大盛りではなかったような記憶があるのですが……
最近は何を注文しても相当なボリューム。
私的には喜ばしいかぎりです。

大盛りはともかく、福寿庵はお蕎麦(十石蕎麦)がたいへん美味しいお店です。
ぜひぜひお蕎麦もお楽しみください!

本谷尺イワナ
今週末(9月20日)をもって、群馬県の渓流シーズン(ヤマメ、イワナ)は終了。
今年も上野村では楽しませていただきました。

松元組合長はじめ、上野村の皆さん、そして神流川の渓魚たちに心から感謝したいと思います!



あの店で・・・
とろり〜ん
函館といえば、やっぱりこれです。
年に一度の贅沢とはいえ、この美味しさには胸がときめきますね。

海辺にて
偉大なる北の海に感謝です。


今夜のフェリーで本州に戻ります。
この数日間、インターネットとは無縁の世界にいたため、更新も停滞気味でございました。
渓魚たちのお写真はまた後ほど!
過食な宴
大盛パスタ地獄
一生懸命釣りをすると、とってもお腹が空きませんか?

そんなわけで先週の水曜日、"Flyrodders"ロッダーズブログ)の取材で"シャロムの森"を訪れた帰りに"ペーパームーン桐生相生店"に寄りました。

皆さんおなかペコペコだというので、そんなつもりじゃぁなかったのですが、3人そろって大盛りパスタを注文しました(扇動したのは私ですが)。
編集者のSさんがモッツァレラ・チーズのトマトソース、カメラマンのMさんはシンプルにミートソース、そして私はホタテと小エビのクリームソース。
こちらの大盛りは1皿400gのパスタを使用していますから、3皿で1.2kgぶんのパスタが茹で上がったわけでございます。

見ただけでげっぷが出そうな量ですが、こちらのお店のトマトソースとミートソースはかなりイケてますので食が進みます。
けれども私的には、クリームソースの味わいがやや単調で苦しみました。

皆でそれぞれをシェアしていただいたので、どうにかこうにかほぼ完食したものの、胃は逆流寸前……。
当分パスタは食べたくありません。

それなのに、デザートが食べたくなるのはなぜでしょう?
スゥィーツを思い浮かべると、ポコッと胃壁の一部が膨らむようです。
すぐ近所に"ミラノ"という美味しいジェラード・ショップがあるので寄ろうとしたら……定休日でした。
状況を考えると、食べない方がよかったのかもしれませんが残念です。

皆さん、釣りの帰りだからといって食べ過ぎには注意しましょう〜!

ペーパームーン桐生相生店



ところで桐生市といえば、サクラマスで有名な管理釣り場"赤城フィッシングフィールド"があります。
常連さんたちの間では評判ですが、実はこちらのご主人(あかぎのおじさん)は、イタリア料理の達人なんです。

パンチェッタのトマトソース
美味しそうなパスタでしょう!

残念ながら今のところ非売品(?)なのですが、そのうちレストランでも併設していただきたいものです。

メタボサクラ
でも、こんなお腹にならないように……



信州サーモン
長野名産 信州サーモン
最近、地元の食材を使った商品をコンビニで見かける機会が増えました。

それは地方へ行ったときの楽しみでもあります。
先日、長野へ行ったとき、ふと目に付いたのが"信州サーモン"のおにぎり。

あまり聞き慣れない名称なので裏面を見ると……

律儀な食材表記です!
正確・丁寧な食材表記に思わずびっくり!

昨今の食品偽装問題等で、製造する側も注意深くなっているのでしょう。
もちろん、好ましいことではありますが。


お味のほうですが、正確に両者の特徴を受け継いでいるような……。
慣れ親しんできた魚種ゆえ、匂いでそれと直感してしまいます。


『玉龍飯店』のソースカツ丼、再び……
大盛りソースカツ丼!
先週末は信州の木曽で集まりがあり、各地から駆けつけた皆さんと共に、とても楽しい時間を過ごすことができました。
私はほとんど眠っていたような気もしますが……。

でもでも、木曽とは方向が全然違うのに、何がナンでも立ち寄りたかったのが駒ヶ根の"玉龍飯店"です。
昨年も当ブログでご紹介しましたが、こちらのソースカツ丼だけはどうしても外せません。

今回は無謀にも大盛りを注文しました。
たっぷりご飯の上に、千切りキャベツをはさんで丼とほぼ同体積のトンカツが盛り付けられている様子はお見事!

まったくもって凶暴なボリュームでございますが、あっさり完食できました。
サクッと軽い衣と、風味豊かなソースに騙されてしまうのでしょうか。
食べ終わった直後に、

「もっと食べたい〜!」

と、思ってしまう文句なしの美味しさです。


しかし、これは私の気のせいかもしれませんが、今回はソースが少々水っぽく、いわゆる"つゆダク"状態になっていました。
ご飯とトンカツの間に盛られたキャベツの水切れが悪かったような……?

現在は牛丼などでもつゆダクが流行のようですが、私はこれがあまり得意ではありません。
それでもなお充分に美味しくいただけるのですから、よしといたしましょうかね。

駒ヶ根市『玉龍飯店』
看板の配色はかなりポップですが、お店のたたずまいは"昭和"そのものでございます。



※玉龍飯店さんは2010年12月に閉店されたとのことです。
たいやき
I love Taiyaki !
"たいやき"にも、『天然物と養殖物』があるってご存知でしたか?

私はつい最近まで知りませんでした。

たいやきは鯛をかたどった焼き型に鋏んで焼きあげるわけですが、その際、1尾用の焼き型で1尾ずつ焼くのを天然物、あるいは1本焼きと呼ぶそうです。
それに対して、複数を同時に焼ける焼き型で作られたものを養殖物と呼ぶのだとか……。

当製造コストの差が大きいのは当然ですが、同じ材料を使った場合でも、味や食感が異なるそうです。
しかし私は両方を同時に食べ較べたことがないので、その区別をつけられないと思います。


子供の頃から慣れ親しんだたいやきの風味は、しっとりした生地とこしあんの食感です。
世間では、尻尾の先まであんが入っていることが重要だと言われますが、私は生地も好きなので、あんの量はあまり気になりません。
味のバランスが取れていれば、むしろ少なめでいいと思います。

写真のたいやきは、栃木県足利市の有名店(?)産の養殖物だそうで、生地表面をカリッと強めに焼いて、香ばしさを強調したタイプでした。
これもまたたいへん美味しくて、1度に5匹くらいは楽々食べられそうです。

黒胡麻あん
こちらは黒胡麻のあんが入ったたいやきです。
あんまん風の味わいが楽しめて、これはこれでなかなか美味でございました。


たいやきは、今でも私にとって最高のおやつ。そして食後のデザートにも嬉しいですね。
もちろん、牛乳と一緒に食べればさらに美味しくいただけます。



JUGEMテーマ:グルメ


ハセストのやきとり弁当
バラエティ弁当
"ハセガワストア"は、函館市内を中心に店舗を展開しているたいへん個性的なコンビニです。

通称"ハセスト"と呼ばれて、市民の皆さんに親しまれていますが、ハセストのオリジナルメニューで有名なのが"やきとり弁当"のシリーズ。

やきとりなのに、やきとりではない(?)話は有名ですが、北海道では広い範囲で『豚精肉』は『やきとり』扱いで、やきとり弁当もまた、実質的は豚精肉弁当のようなものです。

函館に滞在して、釣りへ出かける道すがら、ハセストに寄ってやきとり弁当を購入していくのは日常的行動。
もちろん作りたてが最高に美味しいですが、冷めても充分いただけます。

そして、やきとり弁当に飽きたら、オリジナル弁当や焼きたてのパンも選べるのがハセストのいいところ。
店内の中央にはやきとり弁当を作る施設が置かれているだけでなく、お弁当や惣菜を作る厨房や、パンを焼く施設まで併設され、いずれも作りたての味を楽しめます。

私の場合、店舗周辺に漂う美味しそうな匂いに惹かれ、毎朝立ち寄っては買物。
対コストパフォーマンスも、他のコンビニより高いと思いますよ。

2004年に道内全域にチェーン店を持つ"セイコーマート"と業務・資本提携して以来、さらに広域でハセストの味が楽しめるようになりました。

道南イワナ
今年も6月中旬頃から函館入りします。
"Angler's Hut"主催のFF塾は、6月22日開催の予定。
その前後はプライベートで道南の渓を釣り歩きます!


JUGEMテーマ:グルメ


男たちの雪中鉄鍋会
鉄鍋定番ポトフ
寒ければ寒いほど、暖かいお料理のありがたさが伝わります。
冬の鉄鍋こそ、野外料理の王道です。


一昨日の日曜日、今年最初の鉄鍋会は思わぬ悪天候に見舞われました。
冬と春のせめぎ合いが猛烈な寒波を日本列島に呼び込み、関東平野の北の外れにも襲い掛かったのです。

会場の赤城FFは、赤城山中腹の標高約500mに位置します。
天候や路面状況から判断すれば、中止という選択肢もあって当然ですが、魚と食に飢えた烏合の衆は、そんなネガティブな発想とは無縁な輩ばかりです。
そうして群馬や栃木、遠くは花のお江戸から、参加者たちが三々五々集まってきました。

私自身、ふと気がつくと、凍結した市街地の裏通りを走り抜け、いくつもの衝突事故で乗り捨てられた車両を横目で見ながら、トリッキーな挙動とブレーキングで周囲をパニックに陥れる婦女子の皆様のドライビング・テクニックに怯えつつ、さらには地吹雪が荒れ狂う赤城山麓の農道を激走しておりました。
途中で粕川村のoyabun宅に寄って、午前10時過ぎ、やどうにかこうにか赤城FFに辿り着いたのであります。


お料理に関しては、いつもながら大満足でした。
内容については、参加された皆さんのブログをご覧になってくださいませ。
inaxさん江戸のゴリ松さんトーマスさんTAKA-Qさん、おつかれさまでございました。

そしてtago料理長、今回もありがとうございました。

ただひとつ気がかりなのは、素敵なスウィーツで私の誕生日を祝っていただたいたというのに、スウィーツを撮影したカメラを紛失してしまったことです。
そのため、画像がありません。

年齢とともに、認知症の症状が進行している私の誕生日を飾るに相応しい出来事ですが、運の良いことに昨日になって発見の知らせを受けました。
参加された皆さんの暖かいお心遣いに感謝すると同時に、たいへんご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

尾ビレパ〜〜ンチ!
鉄鍋会の後は、やっぱり釣りも楽しみました(食べる前からやってたのダ〜レだ!?)。

さすがにユスリカのハッチの時間や了はわずかでしたが、ピューパを沈めればそれなりに釣れてくれます。
激走する巨大ニジマスをやっとの思いでランディングした直後、尾ビレで強烈なパンチを喰らったり、もちろん、いつものサクラちゃんたちと楽しく遊ぶことができました。

ガイド凍結
時間が経過するにつれて晴れ間も見えてきましたが、ガイドが凍りつく寒さから逃れることはできませんでした。


凍りついた脳味噌と血液を解凍するため、帰りはいつもの粕川元気ランドの温泉でまったりゆったり。露天風呂に埋没することおよそ1時間……

心身ともにリフレッシュされた一日は、あっという間に過ぎて行ったのでした。


今年もたんかん!
I love Tan-kan !
今年も"徳之島"から"たんかん"が届きました。

ダンボール箱を開くと、部屋中に南の島の香りが広がるような……
瑞々しい早春の贈り物です。

昨年のエントリーでもたんかんをご紹介しましたが、今年は時期が少し早いためか、粒が大きく表皮がきれいなものが多いように思えました。

もちろん味は完璧です。
酸味が抑えられたまろやかな甘味は、他の柑橘系にはない独特な味わいを楽しませてくれます。
個体の均一性が高く、味や水分がひじょうに安定していることも嬉しいですね。

また、整腸作用があるようで、たんかんを毎日食べていると、いつもよりお腹の具合がよろしくなってきます。
だからといって、その症状が強いわけではなく、穏やかにスッキリと効いてくるところが素晴らしい!

北関東では滅多に手に入らない果物ですから、それだけでも貴重な存在といえそうです。

南の島のジャガイモさん
徳之島はジャガイモの栽培も盛んだそうです。

ジャガイモといえば、北海道の大平原で作られている印象を受けますが、これもホクホクしていてかなりイケるのです。
おイモ自体に強い甘味やコクがあるわけではないですが、肉じゃがのような料理に使うと、お肉の味を引き立ててくれそうな感じがします。


発送の段取りをしていただいた八王子のKさん、今年もありがとうございました!


雪の朝
本日午前7時、自室からの風景です。

昨日から吹き荒れていた強風が、雪を運んできました。
2cmほどの積雪はありそうです。

今日はこれから恒例の鉄鍋会が開かれます。
場所はいつもの赤城FF、現地は10cm以上積もっていることでしょう。
天気予報は『雪のち晴れ』とのですが、どうなることやら……。


CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>


ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
LINK
Copyright 2005〜2010 Seiji Sato. All rights reserved. No reproduction or republication without written permisson.

本ブログにおけるすべての内容は、日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。本ブログに使用している写真・本文の無断転載を禁じます。同様に情報ベースサイト等への流用を固く禁じます。

お問い合わせやリンク等を貼られる際は、プロフィールにあるアドレスへご一報ください。



パタゴニア

パタゴニア

RECOMMEND


メンズ・タフ・パフ・フーディ フライフィッシング Bay Blue


メンズ・ナノエア・ライト・ハイブリッド・フーディ Light Gecko Green


ステルス・チェスト・パック 4L Forge Grey


メンズ・フーディニ・ジャケット Rock Jigsaw: Sprouted Green


ナイン・トレイルズ・パック 28L Classic Red


メンズ・ナノエア・ライト・フーディ Paintbrush Red


メンズ・クラウド・リッジ・ジャケット Viking Blue











        





無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.