FLIES | SST'S フィールドスケッチ
  • 2018.02.09 Friday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

コンパラダン
ベイティスコンパラ
巻くのが簡単で、お手軽なハッチ・マッチャーを即座に仕上げられる"コンパラダン"……CDCというマテリアルが一般化する以前は、"ノーハックル・フライ"と並んでライズ狙いの先鋒として活躍したものです。

このフライの美点は、丈夫で使い減りしないところにあると思われますが、本来の性能を発揮させるためには、ウィング・マテリアルに使うディアヘアの質が重要です。

コースタルディア・ヘア
コンパラダンは、主に#14〜#20くらいのサイズに巻くと優れたバランスのフライになります。
それはまた、使用するディアヘアの太さや長さ、そしてヘアのテーパーの程度との兼ね合いがあるからで、良質の"コースタル・ディア"のヘアを手に入れるのはなかなかたいへんです。

ウィングの広がり具合に注意
ヘア先端部
上記サイズの範囲内に巻くのなら、写真のようなテーパー具合のヘアでないと、うまく仕上げることができません。
ヘア先端部の細い部分(黒っぽい部分)のテーパーがゆるく長すぎると、コックハックル等で巻いたものと大差ない仕上がりになってしまいます。これでは浮力やボリューム感に欠け、持ち味を生かしきれません。
基本的にヘア全体の長さが15mm〜25mm程度のもので、先端部が短い(テーパーが強い)ヘアならば、きれいな仕上がりのコンパラダンを巻けると思います。

写真のフライでは、テール材にムース・ホックを使っていますが、もちろんコックハックル・ファイバーを数本束ねたものを振り分けても問題ありません。

渓流シーズンも今週一杯で終わってしまう地域がほとんどです。
秋の夜長はフライ・タイングに没頭しながら、イメージトレーニングに励みましょう!

秋のビートルパターン
SSTS Beetle
昨日エントリーしたカメムシ風パターンの流用形です。

ディアヘアのボディ部はそのままに、オーバーウィングにはきらめきがとても印象的なピーコックソードを取り付け、アンダーウィングにはCDC、レッグ部はディアヘアの先端部をディバイドしています。

このようなドレッシングによって、浮力は確実にアップします。
しかしこのフライの場合、水面下へ強制的に沈めて使うことがよくあります。
そのため表面積を多く取ることで、マテリアルの隙間に気泡が溜まりやすくなり、水圧に押し潰れて痩せてしまわないことも、このフライの美点です。
浮かせたり沈めたり……それぞれの状態でイメージ通りの働きを補助してくれるのは、やはり強力なリキッドタイプのフロータントですね。

例えば『STALK』"ディップコート"『ジャニス』"DEEP FLOAT"『flux』"kty3"などがお勧めできるリキッド系フロータントです。

Rainbow in Rainbow Collars
フライタイングはイメージが大切……ということで、秋のニジマスを思い描きつつ、夜な夜な面倒なフライタイングに勤しむ今日この頃でございます。

フライのお仕事
撮影中
昨日は"Flyrodders"の取材&撮影があって、朝9時から夜の7時過ぎまでみっちり働きました。

主にフライを巻いたり、インタビューに答える内容でしたが、フライタイングの行程(step by step)を撮影や、それに関わるマテリアルやらのカットも多くて、たいへんな作業となりました。

昨日の前橋の最高気温は36℃くらい。
エアコンを使わない私の部屋ではしんどかったことでしょう。
編集部のSくん、そしてカメラマンさんも体調など崩していませんか?
今日は市内の河原で取材だそうですから、熱中症に注意してください。
Red Tail Peacock
皆さんが帰った後、何となくフライを撮影したくなって、Red tail Peacock系のフライをブラックの背景色で撮ってみました。ピーコックの質感がなかなか魅力的ですね。

ちなみにこのフライは、今回の取材とはまったく関係ありません。
ムートンをインディケイターに使って、平べったいシルエットでまとめたテレストリアル風パターンですが、沈めてサイト・フィッシングに使っても良いフライです。

明日から2日間、名古屋から来る友人たちと久しぶりに『シャロムの森』へ行ってきます。
今日1日だけ、酷暑に耐えつつ職務に勤しむことにいたしましょう。

ピーコック・フレーク・ビートル
PFB
梅雨が明ければ、源流域の釣りも本格的なシーズンを迎えます。
長雨が雪渓を溶かし、遡行を楽にしてくれる地域も多そうですが、人が入りやすくなると、資源の磨耗が気になります。

盛夏の山岳渓流を釣り歩くときの必携パターンといえば、テレストリアル系のフライです。
アント・パターンはもちろんのこと、いくつかのビートル・パターンも用意しておきたいものです。

ビートルのパターンが決定的なハッチ・マッチャーになることは少ないですが、フライローテーションの一角として利用するには、なかなか優れたフライですね。

このピーコック・ビートルは、本体をウレタンやスチロール系のシンセティック・マテルアルで作った後、ハールからむしり取ったフレーク状のピーコックを、マルチグルーなどで貼り付けたタイプのフライです。
ハックル(レッグ)には、液体フロータントと相性のいいクートやCDCを使っています。

全体を浮かせれば、水面をディンプル状にへこませて、独特の存在感を主張します。
もちろん水面からサスペンドさせることもできるし、ときには白泡の中に沈めたりと、いろいろな使い方に対応できます。

今日も雨降り……タイングデスクに向かいつつ、ピーコックの粉をペタペタ貼り付けることにしましょうか。

PS:
先週末に『シャロムの森』で行なわれた本年度第2回目のスクールは、心配された雨の影響をほとんど受けることもなく、無事終了いたしました。その報告はまた後日……。

ハンピーの夏
ぐうふぁすばぐ
どういうわけか、『夏イワナはハンピーで……』と勝手に決めつけていた時代があって、その頃はこのフライをひたすら量産していました。
フライを巻くことが楽しくて仕方ない時期、ヘアマテリアルの処理やコックハックルを厚く密に巻くためのトレーニングに、ハンピーのタイイングはうってつけだったのです。
けれどもほとんどの人は、あまりに面倒な手順に辟易して、このフライから遠ざかってしまいます。
私自身、今でも丁寧に巻いたら、1本あたり20分くらいかかってしまうと思います。

タイプとしては、不特定多数のテレストリアルをイメージしたバリアント・パターンのようなものですが、とても良く釣れるフライです。

ハンピー向き
ハンピーは落差が強い山岳渓流の釣りに向いています。
空気抵抗の大きい形状ですから、ロングキャストやロングリーダーのシステムでは扱いづらいかもしれません。パラシュートにすればそうした難点は解消できますが、そのぶんフライとしての趣に欠けてしまいます。

そんなわけで、上の写真にあるような感じのポイントが連続する渓で使うといいようです。
ショート・ドリフト、スポットへの打ち込み、反転流に乗せてグルグル回したり止めたり等々……存在感を有効に使える釣り方をしたとき、なかなか良い味の出るフライなのです。

白泡の切れ目あたりからハンピーに"ガバッ"と飛び出るイワナの様子はたいへん刺激的。瞼にしっかり焼きつくことでしょう。
サイズは#10〜#12、アンダーボディは蛍光のレッドかグリーンがお勧めです。

昨夜は久しぶりに岩手県網張ペンション村の"ペンションさんりんしゃ"さんに泊りました。
2年ぶりに訪れましたが、ご主人もご家族の皆さんもお元気そうで何よりです。相変わらず、食事は絶品でございます。


今日は約1ヶ月に及ぶ長期ロードの最終日、これから雫石界隈の渓へ出かけます。
久々の青空を背景に、岩手山が雄大にそびえています。

初夏の長旅がもうすぐ終わります。

幸運なフライ
lucky-fly♪
まだ3尾しか釣っていないフライですが、ずいぶん疲れたふうに見えます。
キャスティング回数もおそらく5〜6回以内だと思います。
けれども、このフライがもたらしてくれた魚はすべて40cm以上です。

沢筋を歩きながら大きな魚を見つけたとき、あるいはユラリと浮上した潜水艦にフライを見切られたとき・・・それまで使っていたフライをあきらめ、まるで導かれるようにこのフライに手が伸びてしまうのですね。

そうして、逸る思いに指を震わせながらこのフライに結びかえます。

その数分後、目の前に横たわる魚の口辺には、当たり前の仕事をしたような風情でこのフライが突き刺さっているのです。

魚を釣っているのは自分ではなく、何かが乗り移ったフライ自身なのかもしれません・・・。

CDCライツロイヤル、#8、グリーンバンド・・・自分にとってこのフライは、理屈抜きの大物キラーです。

ウェイテッド・ミッジラーバ
ニンフフィーダー
五月晴れの空が眩しい昼下がりのことです。

それほど深くない流れの中層付近に定位するヤマメを見つけました。
なかなかのサイズに、思わずドキッとしてしまいます。
わりとリラックスした様子で、左右に動きながら捕食行動を取っていますが、水面や水面直下の流下物には、あまりいい反応を示しません。

それでも何回かは渋いライズを見せてくれたので、とりあえずドライフライで釣ってみようと思いました。
最初に選んだのは、小さなオナシカワゲラの仲間をイメージしたCDCパターン(#20)。その時間帯に最も羽化が目立っていたからです。実際にはこのオナシのニンフを水中で食べていたのかもしれません。

ところがファーストキャストでうまく浮かび上がらせたものの、惜しくも寸前でUターンされてしまいました。おまけにそのまま逃走されて万事休す……。

しかし幸運にも、ヤマメは15分ほどで再び戻ってきたのです!
そしてその間、どんなフライや釣り方で対応しようかと、思いを巡らせていました。

ビーズヘッドミッジラーバ#20
ブラッシー#20
アセンディング・ミッジピューパ#20(TMC200RBL)
最も無難なのは、捕食の態勢やステージを崩すことなく、捕食範囲内にフライを通過させることです。
それが釣るための基本……つまり捕食に至らせるための最低条件と考えたわけですね。

サイズの大きい昆虫類の羽化も流下も見込めない状況ですから、サイズは小さいほうが有利と判断できます。
かといって、特定の流下物がありそうな状況ではないので、短かい距離を正確にドリフトさせやすいパターンを選ぶことになります。
そうして選ばれたのが写真の3つのパターンです。これらに加え、 マイクロフェザントテール・ニンフ があれば万全です。

それぞれのパターンに共通しているのは、スムーズに沈下する工夫がされていることです。ただし、ウェイトを増すための方法がそれぞれに違っています。
ビーズ、ワイヤー、そして大ぶりなフックを利用することでサイズに比較してかなり重たいフライに仕上がっています。

フライの特徴やら、効果の違い等の詳細を講釈したらきりがないのですが、結局、最初に使ったビーズヘッド・ミッジラーバで難なくキャッチすることができました。
速やかな沈下&ドリフトを、最も簡潔に行なえるパターンでよかったわけです。
ドラッグで見切られたり、何度も何度も不完全なドリフトを繰り返すほど、釣れる確率は低くなり、フライも多様なパターンを要求されます。

このような状況下では、"マッチング・ザ・ハッチ"よりも、"マッチング・ザ・サイズ、ドリフト&ステージ"といった要素のほうが重要なのです。
そうした"駆け引き"的な部分で、釣りを組み立てることもときには必要なのですね。

ハナピアスこの魚が文頭の写真に映っているヤマメそのものです。
撮影後、30分もしないうちにこんな写真を撮られてしまうなんて……。

撮る前に釣れ!というのが釣りの原則です。撮り終えたときには、すでに魚がそこにいない……なんていうことは日常茶飯事ですから。

今回は撮ってから釣ることに成功した稀な事例なのでございます。

ジャイアントフォーム・アント
御手洗団子ニジマスという魚は、悲しいくらいこの手のフライが好きなようです。

それは野生魚であっても、放流魚であっても同じこと。水面に大きなエクボを作ってポッカリと浮く物体に対して、特別に駆り立てられる何かを本能的に与えられているのでしょう。
もちろんニジマスだけでなく、大型のブラウンにも同様の効果が期待できます。

前回の記事『変身』の魚影の正体が、最初からニジマスと分かっていたなら、ローテーションの4〜5番手くらいにこれを使っていたと思います。

このフライは、多くのセミやバッタをイメージしたパターンと同様、水面上のアトラクター・フライと解釈したほうがよさそうです。

本当の威力を発揮するのは初夏以降、大型のテレストリアルが目立つ季節を迎えてからです。したがって、不特定多数の大型テレストリアルと密接な関係があることは確かなようです。

全体像の写真がなくて恐縮ですが、自由度の高いフライゆえ、定型にこだわる必要はありません。
写真のフライはTMC2312の#6、全長で4cmくらいあります。サイズの目安はそのくらいが標準ではないでしょうか。

ウレタンフォームやスチロール系のシート、それにラバーレッグといったシンセティックマテリアルを使うので、好き嫌いは多いかもしれません。玩具みたいな仕上がりだし、使い方によってはルアーそのものです。

しかし激流や急流、水深の深いポイントや白泡の下に潜む大物ニジマスやブラウンには劇的な効果があります。
そういう魚たちは実際に大型テレストリアルを捕食する機会が多いのかもしれませんが、このフライに対する反応はひじょうに攻撃的でヒステリックです。
釣るほうからすれば、それがかえって面白かったりもするのですが……。

Red-Site NZ Rainbow
ニュージーランドのマスたちも、大型のアトラクター系ドライフライが大好きです。
NZやアメリカだけでなく、日本でも寒河江川のC&R区間や北海道のニジマスの川などでも、使用機会の多いフライになっているようです。
ライトウェイトイワナやヤマメには、サイズを落とし、ボリューム感を少なくすることで効果を上げられます。このフライはTMC2312の#10に巻いてあります。3cm以内に仕上げれば、サイズ的に無理はありません。

でも、小さなフライを使い慣れた人たちにとって、このフライを信用するまでには少々時間がかかるかもしれませんね。

渓魚たちが大きな捕食対象物を見慣れている季節になれば、マッチング・ザ・サイズとして利用できます。
それがヒゲナガであっても、大型のテレストリアルであっても、大きいことは良いことだ……という場面はけっこうあるものなのですよ。

暖かくなってくると、こんなパターンを使うシーンをついつい妄想してしまう私でございます。

カディス・パターン その1.
菜の花カディス
春は確実に進行していて、里川では水生昆虫のハッチが佳境を迎えています。メイフライもカディスも、これからしばらくは多種多様なハッチが見られることでしょう。

カディス……つまりトビケラの仲間は、メイフライのような華やかさはなく、水生の蛾みたいなものですから、ついつい邪険にしてしまいがちです。
特にスペントカディスの流下など、メイフライのハッチがマスキングになって、全然気が付かないこともあります。

しかし国内のほとんどの川では、水生昆虫全体の生息量に対するのカディスの割合が意外に大きいので、捕食機会もそれだけ多いことが予想できます。

ヒゲナガのように、単一種が膨大な生息量を示す特殊なケースもありますが、魚たちにとっては主食に相当するくらいの生息量が場合も少なくないわけです。

カディスアダルトをイメージするパターンとして最も有名なのは、エルクヘア・カディスというフライです。
確かによく釣れるフライではありますが、ライズに対するハッチマッチャーとしての効果はあまり期待できません。

どちらかといえばカディスの羽化期、釣り上がりのブラインドフィッシングに使うことで、安定した効果が得られるパターンといえるでしょう。

ヘンサドル&CDC-01このパターンは、ヘンサドルのハックルティップをヘッドセメントで固めてウィングに使用し、レッグとアンダーウィングを兼ねる役割をCDCに委ねたフライです。

サイズは#14〜#20くらいが適当で、比較的小型のフライに向いているようです。

ウィングが少々重くなるので、ポイント部がアンカーとして使えるTMC2487のようなフックを使うと姿勢が安定します。

ヘンサドル&CDC-02
ヘンサドル&CDC-03
基本構造はとても単純なフライですから、量産もそれほど苦痛ではありません。怠惰なタイヤーには重宝します。

アダルトとスペントを兼用できるタイプですが、アダルトとして使うならCDCの量を多めにして、スペントの場合はCDCをほんの数本だけを残して使うとよろしいでしょう。

ということで、『カディスパターン』その1でした。今後はこんな感じでフライパターンの紹介も時々していこうと思います。

*これから出釣に出かけます。今日、明日は南関東あたりを釣って、土日は山梨県の小菅川でスクールの講師をしてきます。
ヘミングウェイカディス
ヘミングウェイカディスクラシックなカディスパターン、ヘミングウェイ・カディスです。

日本ではあまり一般的ではないかもしれませんが、アメリカではポピュラーなカディスパターンとして認知されています。
ただし、あまり目だないスタイルなので、ヘンリービルスペシャルと同一視されたり、他の名称で呼ばれていることもあります。

ドレッシングの方法にもよりますが、基本的にはフラットな水面で使うスプリングクリークパターンとして使われることが多いようです。
スペントカディスの流下に対応した、ハッチ・マッチャーというわけですね。

ダウン・ウィングの形状で取り付けられたダッククイルは、壊れやすく修復が効きません。
また、その効果にしても、写真のような状態にあるウィングと、壊れてバラけてしまったそれとでは、違ったものになりそうです。

ライズしながらバンク際を移動する大物を、ワンキャストで仕留めるためのフライ……そういった位置付けで、かれこれ20年以上も前から使っています。

HG.Cサイドビュー写真で見ると、どうしてもボリューム感が増してしまうのですが、ハックルはこれよりも薄めに巻いて、ベンド側はカットしておきます。

クイルウィングは、あまり早いラインスピードには向かないので、風に逆らったりせず、空気に乗せるような気持ちでゆったりとキャストしましょう。

こうすれば、フライの形状を原因とするティペットの撚れはかなり防げるので、フライの持つ性能を充分に発揮させることができます。

このフライからは、スペントパターンの重要性を教えてもらいました。
もちろん、その名称にも惹かれるものがありますね。

CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>


ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
LINK
Copyright 2005〜2010 Seiji Sato. All rights reserved. No reproduction or republication without written permisson.

本ブログにおけるすべての内容は、日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。本ブログに使用している写真・本文の無断転載を禁じます。同様に情報ベースサイト等への流用を固く禁じます。

お問い合わせやリンク等を貼られる際は、プロフィールにあるアドレスへご一報ください。



パタゴニア

パタゴニア

RECOMMEND


メンズ・タフ・パフ・フーディ フライフィッシング Bay Blue


メンズ・ナノエア・ライト・ハイブリッド・フーディ Light Gecko Green


ステルス・チェスト・パック 4L Forge Grey


メンズ・フーディニ・ジャケット Rock Jigsaw: Sprouted Green


ナイン・トレイルズ・パック 28L Classic Red


メンズ・ナノエア・ライト・フーディ Paintbrush Red


メンズ・クラウド・リッジ・ジャケット Viking Blue











        





無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.