水生昆虫 | SST'S フィールドスケッチ
  • 2018.02.09 Friday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

生物調査
赤城FFは未だユスリカの本格的ハッチが始まらず……

最近ではすっかりウキ釣りに凝っている私でございます。

それでは実際、池の中はどうなっているのか?
ということで、岸辺付近をガサゴソやってみると……

クネクネとユスリカ・ラーバたちユスリカの仲間のラーバと思われる生物はごっそり捕れますが、羽化間近のピューパは見られませんでした。

沖目を探せばまた違うのでしょうが……

ヨコエビの仲間水草の中を掻き回すと、こんな淡水性のヨコエビ(スカッド)の仲間が……。
最近各地で棲息域を広げているという外来種のフロリダマミズヨコエビ(Crangonyx floridanus)のように見えますが、正確な分類はまだできていません。


そのほか……


続きを読む...
Hatch !


一瞬の出来事ですが、その瞬間を目撃すると、
なんだか得したような気分になるのはなぜでしょう?


今日、明日と、お江戸へ出張でございます。
冬の生き物をマクロで撮る
ベイティスDD頑張ったけど、ウィングが伸びきらず、無念の表情(?)で水面を漂うコカゲロウの仲間のダン……左前脚が一歩、前に出ているところに、切なさが感じられます。
冬の寒さが、あと一息の力を奪ってしまったのでしょうか。


どんなに寒くても、フィールドには素敵な被写体がたくさん発見できます。

続きを読む...
ハネカのこと、そして[Fly Times]
Nymphomyia sp.
一昨年の春、『上野パウダーフライ』というタイトルで、上野村の神流川に棲息するハネカ科(Nymphomyiidae)の水生昆虫について紹介しました。

その後、何人かの研究者の方から連絡をいただき、この謎めいた水生昆虫の撮影や採集のお手伝いをしてきました。

ハネカの仲間は、世界中でわずか数種しか発見されていません。
ところが調べていくうち、神流川には少なくとも2種が棲息している……という事実が突き止められました。
そして2種のハネカが同所的に棲息していることが確認されたのは、なんと世界で初めてのことなのです。

続きを読む...
Water Boatman
マツモムシ連休中に出釣していた荒雄川の周辺で、懐かしい昆虫に出会いました。
それは"マツモムシ"、背中を下にした状態で後脚をオールのように動かしながら、水中を巧みに泳ぎ回る水生昆虫です。

子供の頃、捕まえていじくり回していると、鋭い口吻で掌や指先をグサリとやられ……
意外に強い衝撃が走り、悲鳴を上げて手放したものです。

マツモムシは水生カメムシの仲間で、フウセンムシの大型版といった体型が特徴。タガメやタイコウチ、ミズカマキリ、アメンボなどとも親戚です。

マツモムシは英語で"Water Boatman"と呼ばれ、ちゃんとしたフライパターンもあるのですよ。
しかし国内では、マス類と生息地が重なることは稀なので、ヤマメやイワナに捕食される機会はほとんどないでしょう。
このマツモムシも荒雄川に棲んでいたわけではなく、サイドチャネルの水溜りでたまたま見つけたのです。



トレイに入れて撮影していたときのこと、固く閉じたウィングが急にハラリと緩んだと思ったら……
ものすごい勢いで、秋空の彼方へ飛び去って行きました。



Spinner Fall
波紋
燃え尽きて、水面に落ちるカゲロウの成虫、
微妙にサーフェスフィルムを凹ませながら、
息絶え絶えに身体を小刻みに震わせるとき、
水面に小さな波紋が広がります。

それがトリガーになって、渓魚たちの食欲をそそるわけですが……
ティペット付きだと、ついつい大げさな波紋になってしまいがち。

せめてこのカタチをうまく表現できるフライを、
しっかりと巻き上げたいものですね。





水面のマクロシーン
水面のユスリカ
このところの冷え込みで、季節が逆戻りしてしまいました。

脳内季節進行は、すでにオオマダラあたりまで進んでいて、東北方面の渓を歩き回る妄想に浸っていたのですが……

現実に引き戻されると、やはりハッチの主体はまだまだユスリカのところが多いわけで、こんなマクロのシーンを想像しながら、フライタイングに勤しんだほうがよさそうです。


でも、明日未明から二日間、再び甲州へ出かける予定でございます。

Metamorphose
Metamorphose
久々にエイリアン系、水生昆虫の変態途中の画像です。
撮影場所はいつもの"赤城フィッシング・フィールド"、昨年のちょうど今頃、頻繁に羽化が見られたものと同じタイプの水生昆虫です。

しかしこれはユスリカ科(Chironomidae)ではないようです。
蛹の身体特徴から察すると、ホソカ科(Dixidae)の一種のように思えますが、ご存知の方がいらっしゃいましたらお知らせください。
蛹から成虫までの変態過程の画像は揃っています。
ちなみに、これを食べている魚は未だ確認していません。

グッドサイズですが……
釣りの方は相変わらず渋めではありますが、傾いた陽射しに池の周囲の樹木が水面に影を落とす頃、魚たちが上ずる時間帯があります。

以前のようなユスリカのスーパーハッチは見られませんが、ほんの短い時間、たくさんのユスリカ・アダルトが水面を飛び交ったり、吹き溜まりに押し寄せられたシャックやアダルトが、風が止んで拡散を始めると、ところどころに小さなライズが起こるのです。

水もかなり澄んできたので、サイト・フィッシングで釣れる機会も増えてきました。
写真のように、50cmクラスのサクラがけっこう見えるのですが、なかなか口を使ってくれません。

ということで、いささか消化不良の状態が続いています。
それを口実に、数日以内にまたまた出かけることでしょう。




メイフライの宅急便
標本ビンの中のサンプルたち……
このところ、水生昆虫の観察や撮影、採集などに凝ってますが、実はその背景にはいろいろ理由がございまして、単なる酔狂や戯れだけの所為というわけでもないのです。

例えばこのヒメヒラタカゲロウのスピナーたちは、チルド宅急便で某大学の研究室へ送られ、しかるべき処理を施された後、DNA解析等に利用されます。
そこから得られたデータは、個体群の属性を知るためだけでなく、環境変化による生態系への影響を評価することに役立つかもしれません。

さらには渓魚たちを含めた他の生物との関係についても、新たな発見があるかも……。

幸いこの子たちは全員が生きたまま研究室へ届いて、無事にその役割を果たしてくれたとのこと。
採集者としては嬉しい限りです。

そんなわけで、これからは右手にロッド、左手に捕虫網、ベストのポケットには標本ビン……というスタイルで渓を歩き回る機会が増えそうです。

目的やテーマがより明確になったとき、皆さんにもご協力をお願いすることがあるかもしれません。
その節はよろしくお願いいたします!



本日は、今回の話題とはまったく別の用件で仙台へ出張です。
出釣ではなく、1泊だけの出張なので、釣り具はもちろん持参いたしません。


Vivid Green
羽化直後のクロイトトンボ
なんて鮮やかなグリーンなんでしょう!

凝縮された濃緑は、まさに翠玉色。
羽化直後のイトトンボのウィングは、伸びていくにつれて徐々に色合いが淡くなっていきますが、その変化を観察するのも楽しいですね。

緑の水面
気がつけば、あたりは全部グリーンです。
新緑を映す水面、水中に揺れる水草も……

先週出かけた"赤城フィッシングフィールド"では、"クロイトトンボ"の羽化が盛んになっていました。
フタバカゲロウもまだハッチしています。
さらに、見たこともないようなカディスも何種類か見られました。
もちろん、ライズボコボコ、サクラもニジも釣れ盛ってます。
イトトンボがハッチ・マッチャーなんて釣り、国内ではそうそう経験できません。


これまでほとんど知る機会のなかった湧水の池沼に棲む生き物たちの世界。
釣りも楽しいですが、こちらの世界も興味深い。
このままでは、いくら時間があっても足りません!


CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>


ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
LINK
Copyright 2005〜2010 Seiji Sato. All rights reserved. No reproduction or republication without written permisson.

本ブログにおけるすべての内容は、日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。本ブログに使用している写真・本文の無断転載を禁じます。同様に情報ベースサイト等への流用を固く禁じます。

お問い合わせやリンク等を貼られる際は、プロフィールにあるアドレスへご一報ください。



パタゴニア

パタゴニア

RECOMMEND


メンズ・タフ・パフ・フーディ フライフィッシング Bay Blue


メンズ・ナノエア・ライト・ハイブリッド・フーディ Light Gecko Green


ステルス・チェスト・パック 4L Forge Grey


メンズ・フーディニ・ジャケット Rock Jigsaw: Sprouted Green


ナイン・トレイルズ・パック 28L Classic Red


メンズ・ナノエア・ライト・フーディ Paintbrush Red


メンズ・クラウド・リッジ・ジャケット Viking Blue











        





無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.