SST'S フィールドスケッチ
北国ロードから帰宅しました。

しばらくご無沙汰してしまいました。

6月はフライフィッシングのハイシーズンのために何かと慌ただしく、

気がつけばすでに月末を迎えようとしています。

 

毎年恒例の北国ロードへは、6月9日に出発。

本日29日の早朝に無事帰宅しました。

走行距離は約3200km、岩手〜秋田〜道南各地を約20日間釣り歩きました。

野生

今年もたくさんの渓魚たちと出会えたことに感謝いたします。

濃密な野生の息吹を感じながら、森の奥深く分け入る日々。

毎日が冒険で充実感に満たされていましたが、やり残した感も半端ではなく、

すぐにも再び旅へ出かけたい気分です。

 

続きを読む...
梅雨入り

ハリガネゴケ

四国〜関東甲信地まで、一斉に梅雨入り……とのこと。

前橋も夜になって、久しぶりに雨らしい雨が降ってきました。
群馬県内のほとんどの地域が乾きすぎていましたから、そこそこの雨量で大地に潤いを与えて欲しいものです。
雨粒を抱くハリガネゴケの瑞々しいこと!

ヤマメ

お山の釣りは最盛期を迎え、木漏れ陽の渓を歩くのが楽しい季節になりました。

梅雨の晴れ間に出かけられれば、よほどの増水でもない限り、外すことはほとんどありませんね。
ヤマメやイワナたちも、元気いっぱいです。

 

そして……

 

続きを読む...
関東山地への旅

甲州K

約1週間の関東山地を巡る釣り旅から無事帰宅しました。

帰りに少々寄り道をしましたが、取材の現場で体験したことは、今回もたいへん勉強になりました。

自然の豊さと脆弱さは紙一重で、それでも渓魚たちの生命力は逞しく健気です。

続きを読む...
「SSスクール in 南会津」 開催のお知らせ

会津イワナ

来る6月3日(土)、福島県南会津方面の渓流にてフライフィッシング・スクールを開催します。
講師:佐藤成史
集合場所:道の駅「しもごう」 〒969-5335 福島県南会津郡下郷町南倉沢字木賊844ー188
集合時間:午前 8:00   16:00終了解散
講習費:7000円(当日受付時)
釣り券:別途
昼飯:各自持参
定員:7名

数本の渓をスクールの候補地に予定、その時期ベストと思える状況の渓を選んで入渓する予定です。

 

スクールのテーマ:

ベーシックな釣り上がりとサイトフィッシングの基本をレクチャーさせていただきます。

新緑の渓でキラキラ輝く水面を見ながら、ふとした空間に潜む魚を見つけて鋭くワンキャスト……という釣りを楽しみましょう。
デモフィッシング、個人レッスン共に、いつもよりは時間をかけてじっくり取り組みたいと思います。

 

今回のスクールは郡山市在住の友人がまとめ役を買って出てくれました。

お申し込み、詳細については以下のメールアドレスからお問い合わせください。
surface-129-@docomo.ne.jp

 

渓流の風景

 

 

渡良瀬逍遥

さくら先週に引き続生き、連休初日の今日はプライベートで渡良瀬詣で。

水位は日毎に下がっているようですが、水生昆虫の羽化量は爆発的に増えてます。
ということは、そのぶんライズも多いわけですね。
ということは、釣りも楽しくなるわけです。

そして……
続きを読む...
渡良瀬逍遥

イブニング先週から桐生の渡良瀬川界隈をうろうろしています。
ライズの釣りの最盛期はこれから佳境を迎えますが、一日を通して十分楽しめる状況に入ってきました。

それにしても、釣れる魚が大き過ぎます。

もちろん悪いことではありませんが(笑)

イブニングシーン

春の息吹を感じながら、フライフィッシングを満喫できます。
萌え萌えの新緑ですが、山が赤っぽいのは強烈な夕日が当たっているから。
そして……
続きを読む...
春の九州を旅する

里川のヤマメ

春の九州へ出かけたのは、かれこれ20年ぶりくらのこと。

渓も面影さえ薄れかけていましたが、出かけてみないと気づかない何気ない風景を目にするたび、往時の記憶が鮮やかによみがえるのでした。

今回の旅は4月8日〜15日の8日間。

長崎空港から入って九州北部を横断、帰りは大分空港からのフライトで東京へ戻りました。

その間、これまで行ったことのなかった九州北西部の渓を歩き、その後は大分の竹田市へ。
大野川で久しぶりに九州のアマゴと再会したのでした。

菜の花竹田市はサクラの花の散り際、川辺の道路端には菜の花が眩しいくらいに咲き誇っていました。

そして……

続きを読む...
春の伊豆へ

3月7日〜15日の間、伊豆方面を旅していました。
伊豆半島に入ったのはなんと15年ぶり。
伊豆の山河の記憶も薄れていたので、見るもの触れるもの、すべてが懐かしくも新鮮な印象を受けました。

西伊豆から富士山西伊豆山中から望む駿河湾と富士山。
北関東に住む人間にとって、この角度からの富士山を眺める機会はあまり多くありません。
ぼっこりへこんだ宝永火口が印象的ですね。


今回の伊豆行きは、伊豆半島の渓流に生息するアマゴの生息状況を確認するための調査釣行的なものでした。
在来個体群を探して連日山の中を歩き回り、様々な容姿を持つアマゴたちと巡り会いました。
その詳細は、4月下旬発売予定のフライロッダーズ誌に掲載される予定です。
そんなわけで、ブログではそのさわり部分と春の伊豆の風景を紹介させていただくことにしました。
 
続きを読む...
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>


ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
LINK
Copyright 2005〜2010 Seiji Sato. All rights reserved. No reproduction or republication without written permisson.

本ブログにおけるすべての内容は、日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。本ブログに使用している写真・本文の無断転載を禁じます。同様に情報ベースサイト等への流用を固く禁じます。

お問い合わせやリンク等を貼られる際は、プロフィールにあるアドレスへご一報ください。



パタゴニア

RECOMMEND


メンズ・フーディニ・ジャケット Copper Ore


メンズ・フィッツロイ・ベア・オーガニック・Tシャツ Feather Grey


メンズ ミドル・フォーク・パッカブル・ウェーダー(ショート) Hex Grey


マーケット・トート Save Our Rivers: Shadow Blue


ナイン・トレイルズ・パック 28L Classic Red


メンズ・マイクロ・パフ・フーディ Balkan Blue











        





無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.