渓魚ブローチ by 鱗水 | SST'S フィールドスケッチ
渓魚ブローチ by 鱗水
プリプリヤマメ!このボリューム感はどうだろう。
思わず背中やおなかのあたりを指でなぞってみたくなります。
そのふくらみや曲線は自然で、指が覚えているヤマメのそれと変わらず……
どの角度から見ても、プロポーションに破綻はありません。

だからといって、本物に忠実な出来栄えというわけでもないのが不思議。
むしろ特徴をデフォルメしつつ、「らしさ」を醸し出しているわけで、それが作品としての力強さにつながっているような。

それにしても、全長わずか60mmほどのブローチに、ここまで表現する必要があるのだろうかと、思わず考え込んでしまいます。
手抜きができないのは彼の性分であることはわかっているし、
そしておそらく、自分でも楽しみながら彫っているに違いないのですが。

鱗水の手にかかったものには独特の存在感を感じます。
本職の木彫魚の作品はもちろんのこと、ランディング・ネットやアクセサリーに至るまで、見る者、触れる物、使う者たちに、それがひしひしと伝わってきます。

木彫渓魚たち渓魚ブローチはヤマメのほかに、ニジマスとイワナもあります。
 
作者サイン入り取り付け用の金具には、ブローチピンと蝶タック・タイプが選べます。
ベストへの取り付けを考えると、私的にはブローチピンのほうが安全に思えますが……



  • 2018.01.03 Wednesday
  • 00:51
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2010/11/08 9:38 AM, ちくす wrote:
たとえ60mmのブローチでも鱗水さんの作品には何かが宿っている気がします。すごいです!

追伸:ヤマメのブルーが青いベストに良く合います(^^)v
2010/11/08 10:52 PM, うるし〜 wrote:
 むっちり娘、もといむっちりヤマメ、ついつい触ってしまいたくなります。
 壁掛けが部屋にあると映えるだろうな〜。
2010/11/09 10:18 AM, riverwalkers wrote:
ちくすさん、
SSベストのブルーバックによく似合いそうな色合いかと思います……が、ベストに取り付けると落としそうで恐いです。

うるし〜、
壁だけでなく、玄関、床の間などにも木彫り渓魚を飾ったりして。
豪華でしょうな〜
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>


ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
LINK
Copyright 2005〜2010 Seiji Sato. All rights reserved. No reproduction or republication without written permisson.

本ブログにおけるすべての内容は、日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。本ブログに使用している写真・本文の無断転載を禁じます。同様に情報ベースサイト等への流用を固く禁じます。

お問い合わせやリンク等を貼られる際は、プロフィールにあるアドレスへご一報ください。



パタゴニア

パタゴニア

パタゴニア

RECOMMEND



メンズ・ナノエア・ライト・フーディ クライミング Paintbrush Red











        





無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.