第7回『神流川C&Rフォーラム』を終えて | SST'S フィールドスケッチ
  • 2020.03.06 Friday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

第7回『神流川C&Rフォーラム』を終えて
サイボーグ0910_2006
9月9日〜10日の二日間、今年も群馬県上野村の神流川で『第7回神流川C&Rフォーラム』が行なわれました。

フォーラムといっても堅苦しいものではなく、皆で和気あいあいと楽しみながら釣りをする……というのが一番の主旨です。
また、地元や漁協の方たちとのコミュニケーションの輪を広げつつ、様々な情報を得ることにも役立っています。
そこで得た様々な意見や感想が、より快適な釣り場作りに生されていくのですね。

集合写真撮影前
宴会の風景
今年もたくさんの人たちが集まって、それぞれに楽しまれたようです。
ひたすら釣る人、ひたすら飲む人、ひたすら食べる人……等々、

夜はいつもの大宴会で盛り上がり、会場の上野村の"ヴィラせせらぎ"は、この日ばかりは不夜城となりました。

そして今回は、岐阜県の"石徹白川"を中心に活動されている皆さんが、名古屋や岐阜方面から多数駆けつけてくれました。
石徹白のイベントとはまた違った雰囲気とは思いますが、同じ釣り人同士、すぐにディープな会話を楽しまれていたようです。

こんなふうにして、各地域の横のつながりが強くなることで、いろいろな変化が生まれてくるかもしれませんね。
来年の石徹白イベントには、こちらからの参加者が増えることは確実です。

フォトスクールの風景
私のほうは、コンパクトデジカメを使ったフォトスクールの講師を2日間担当させていただきました。

今回は"PENTAX"の協力もあって、防水デジカメの"OptioW10"のデモ機を10台提供していただきました。釣り場で最も機能的に使えるうえに、ピシッとシャープな絵が撮れるコンデジですから、すでに愛用されている方も多いかと思います。ちなみにぶれ軽減機能のついた"OptioW20"という新機種もそろそろ発売になるようです。

スクールでは、釣れた魚を速やかに撮影するために、できるだけ魚にストレスを与えず静かにさせる方法を紹介しました。ちょっとしたコツさえつかめばできることですから、すぐに応用できると思います。


フォーラムに参加していただいた皆さん、そして開催にあたり尽力してくださったすべての方にこの場を借りてお礼申し上げます。
また、協賛・協力いただいた企業の方々にも感謝いたします。

そして上野村漁協の松元組合長はじめ、地元の皆さん、今年もありがとうございました。
これからも、私たちを夢中にさせてくれる釣り場作りをよろしくお願いします。

  • 2020.03.06 Friday
  • 08:17
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2006/09/11 9:45 AM, brown wrote:
 おはようございます,RWさん。
 イベントの盛り上がりがようく写真から伺われました。釣り場で遊ぶ側と提供する側がコミュミケーションを図ることで,共に楽しめ,満足できるようになっていけば,それは素晴らしいことです。

 まず,多くの皆さんにFFを知ってもらうことからスタートしていかなくてはなりませんね。

 一度,こういうイベントに参加してみたいな,とズッと思っていましたが,岐阜や群馬だと遠い気がして踏ん切りがつかなくています。来年は考えてみたいと思います。

2006/09/11 7:41 PM, 練馬の住人 wrote:
riverwalkersさん、昨日一昨日とお疲れさまでした。早いもので今回で7回目なっていたのには自ら驚きました。月日はホント早く進んでおりますね。
今回も沢山の方々や協賛いただきました各社様。そしてriverwalkersさんをはじめとした講師の皆様に漁協スタッフの方々などなど。多くの皆様に助けられながら開催出来た事は嬉しく思っております。
しかしながら、夜の部での松元組合長からの挨拶が印象的でした。連れが小泉首相ではありませんが「感動した!」と、言っておりました。
フライ初心者の連れに上野村漁協の心意気が伝わったようです。
さて、禁漁まであと9日しか釣りが出来ません。
フナに始まりフナに終るという言葉がありますが、私の場合は差し詰め「神流川に始まり神流川に終る」という所でしょうか。今期オーラスは、またまた上野村に行ってくる予定です。
2006/09/11 8:41 PM, Rolly wrote:
こんばんわ!!二日間のDeepな時間を有難うございました。

上野村漁協のご努力とか運営方針、そこに集まる皆さんのことを昨年参加したときに、来年は絶対に石徹白の仲間にも味わってもらいたい!と思い昨年から誘い続けてきましたが、こちらの皆もとっても感動してとっても楽しんでいました。

最初ッから心配もしてませんでしたがフライフィッシャーマン同士ということで直ぐに皆さんと打ち解けて旧来の友人のように話が盛り上がっていて、そういうのってとっても素敵だなぁと思いました。

来年ももちろん参加させていただきますし、フォーラムだけじゃなくて、GWにも、都合が許せばもっと何度も上野村には参上させていただきます。なんてったって年券が当たってしまいましたから(^^)これも何かのご縁だと感じています。
また、石徹白に皆さんが起こしのときは今度は僕達が熱烈歓迎します。

本当に有難うございました。
2006/09/11 9:00 PM, small stone wrote:
こんばんは^^
river walkersさんのフォトスクール。
参加してみたいです。
ヤマメの写真は素晴らしく綺麗ですね。
これは水の中にいる状態で撮っているのでしょう?
昨日珍しく午前中に綺麗なヤマメが釣れて写真に撮ろうといろんなアングルで撮っていたのです。その時river walkersさんの写真を思い出し水の中にいる状態で撮ろうとしたのですが・・・。
水面の一部分光ってしまいうまく撮れませんでした。
やはり木陰で撮るとかしないと水面の光は抑えれないのでしょうか?
それともカメラを水中に・・・?
どうなのでしょう?
2006/09/11 9:18 PM, ゴリ松 wrote:
riverwalkersさん、2日間のイベントお疲れ様でございました。
神流川C&Rフォーラムも年々参加者が増えてきて、パワーのあるイベントですね。
これも、上野村漁協の皆様や講師の方々の熱意の表れだと思います。

でも、riverwalkersさんは身体を酷使しすぎです。
連日の出釣とロケ、イベント・・・お身体をご自愛ください。

と、言いながら、私もシーズンを締めくくる思い出づくりに木曜日から行って参ります。
2006/09/11 11:09 PM, 山猿 wrote:
初めて書き込みさせて頂きます、ギフの山猿です。今回初めて神流川のイベントに参加させて頂き、石徹白とはまたまた違った楽しい時間を過ごすことが出来、心から感謝しております。
イベントのスタッフの皆様方、漁協関係の皆様方また参加された皆様方、本当にありがとうございました。

川に到着直ぐに橋上から川を覗き込んだとき、神流川の魚影の濃さには大変驚きました。 石徹白同様川を育てる証をしっかりと感じることが出来ました。 食い気より色気ついた魚達には相手にもされませんでしたが、是非また訪れてみたい川となりました。

夜にはベットの上での熱き語り合い、これもまたすごく楽しい時間でした。 同じ趣味で繋がったもの同士、直ぐにこれが出来てしまうところはいいものですね。 是非来年も参加させて頂きますので、その時はまた宜しくお願いします。

追伸:リンクさせて頂きましたので、宜しくお願いします。
2006/09/11 11:17 PM, おでぶ@BKK wrote:
ご無沙汰してます。毎日来てたのばれてたみたいですね。
ところで帰任きまりました。帰任地&ホームリバー候補決まりましたら追ってお知らせ致します。今のところ阿蘇白川の大山女か長良のシラメが有力でございます。インドカシミールのお化けマスは夢と消えました。

それでは
2006/09/11 11:31 PM, urushi-iwana wrote:
こんばんは。フォーラムの写真、雰囲気が良く伝わってきて圧倒されました。
 私の知人が協賛の立場から1日だけ参加したようですが、とても有意義でしたようで、次の日に様子を熱く語ってくれました。
 今回は石徹白の方々も参加されたそうですね。rwさんとお近づきになって、こういったイベントを同好の方々が熱くなって立ち上げてるのを見るととても羨ましいです。今までは釣りをして入漁料を払って終わり、でしたが、今後は何か自分で出来ることを見つけて実行しなければいけない時期かな、とも感じました。
 なかなか頭で分かっていても出来ないことですが・・秋の夜長に思いに耽る良い機会かなと思ってます。
2006/09/12 9:46 AM, inax wrote:
おはようございます。

イベント二日間ご苦労様でした。

両日とも特命果たせず申し訳ありませんでした。
「渡良瀬茶髪二人組」玉砕。
これも一重に修行不足 (-.-;)
昨夜から新前橋に足を向けて寝ていません。

もはや言い訳はできませんね。
洗顔して出直します。

お疲れ様でした。

2006/09/12 10:28 AM, riverwalkers wrote:
brownさん、
そちらにもユニークな釣り場をぜひ作ってください。そしてそちらでイベントを開催するのはいかがでしょう。その節は私も飛んで行きますので。

練馬の住人さん、
いつもいつも幹事役、お疲れさまでございました。組合長はご祝儀で昼間から飲んでいたため、すでに壊れている……と、最初から告白してましたね。実際、いい具合に出来上がっていたので、あのような的確な挨拶になったのだと思われます(w

Rollyさん、
昨年に続き、遠路はるばるお疲れさまでした。
それにしても年券をゲットされてしまうとは……これはもうご縁以外の何ものでもないですね。
来シーズンが楽しみです!

small stoneさん、
トップの写真ですが、ヤマメとレンズの間には当然水面があります。晴れていれば、水面があってもその存在が消えるような光線状態のポイントが必ずあります。また、逆に水面の状態を取り入れて絵作りすることもできるわけです。一般的には木陰などのコントラストの低い場所で撮ると、平べったくてつまらない絵になりがちですね。光を最大限に利用することです。

ゴリ松さん、
二日間お疲れさまでした。
テーピングというのを初めてやってみましたが、楽なものですね。やってみて楽ということは、私の足首はやはり壊れているからなのでしょうか!?
シーズン最後の東北釣行、頑張ってきてください!

山猿さん、
ブログ、拝見いたしました。今回のイベントで、仲間がたくさん増えたようですね。
今回は釣り場の状態がいまひとつよくありませんでしたが、いつもはもっと楽しいのですよ。ぜひ、春にお越しください。上流の本谷はさらに魅力ある釣り場になっていると思いますので!

おでぶさん、
帰任の決定、おめでとうございます!
次はトラの棲む密林地帯と聞いていましたから、喰われるんじゃないかと思ってました。
毎日、熱帯方面からブログを見てる人がいたので、バレバレでしたね。
帰国しましたら、またご一緒しましょ!

urushi-iwanaさん、
何もやらないと何もできないし、何も変わりません。何よりも自由なのは、脳内フィッシングですが、そればかりっていうのもつまらんです。
いろいろな人と会って、いろいろな意見を聞くのも面白いです。次の機会はぜひご参加を!
Sさんご夫妻に、くれぐれもよろしくお伝えください。

inaxさん、
二日間、お疲れさまでした。
状況悪く、予期せぬ出来事が起こってしまいました。やはり釣りは水モノでございます。
そういえば、二人とも茶髪でしたね。この際、二人で頭を丸める……というのはいかがでしょう?
修行には坊主になって気分一新するのが一番です!
2006/09/12 1:29 PM, おやぶん wrote:
二日間大変ご苦労様でした。

コンデジフォトスクールとっても為になり、また楽しかったです。やっと催眠術?の仕方を教わることができました(^^♪

*帰りはちょこっと過ぎましたね(笑)

2006/09/13 2:40 AM, riverwalkers wrote:
おやぶん、
楽しい二日間、お世話になりました。
写真をたくさんありがとうございます。
今週末も聞香さんの気配濃厚です。せめて週末までダイエットしておきます。
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>


ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
LINK
Copyright 2005〜2010 Seiji Sato. All rights reserved. No reproduction or republication without written permisson.

本ブログにおけるすべての内容は、日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。本ブログに使用している写真・本文の無断転載を禁じます。同様に情報ベースサイト等への流用を固く禁じます。

お問い合わせやリンク等を貼られる際は、プロフィールにあるアドレスへご一報ください。



パタゴニア

RECOMMEND


R1フルジップ・フーディ


ブラックホール・パック 25L Dolomite Blue

リバー・ソルト・ウェーディング・ブーツ(ダナー社製) Feather Grey


ウェーダー・ワーク・ステーション Forge Grey


メンズ ミドル・フォーク・パッカブル・ウェーダー(ショート) Hex Grey


ジッパード・ポーチ P-6


メンズ・バギーズ・ジャケット


メンズ・バギーズ・ロング ハイキング Copper Ore











        





無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.