トリカブト | SST'S フィールドスケッチ
  • 2020.03.06 Friday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

トリカブト
トリカブト とぶかりと
涼しげな夏の終わりの空を見上げて、秋の訪れを感じるとき、傍らに咲く艶やかな紫色の花がふと目に入ることがあります。
どこでも見かける野の花ですが、じっくり観察すると精巧に組み立てられたオブジェのようで、どこか異様な雰囲気を放っています。帽子をかぶった小人たちが集まっているようにも見えるし、異次元に住む花の妖精たちの別の姿なのかもしれません。

その花が"トリカブト"という猛毒の植物であることを知っていても、季節を告げる花として見れば、愛らしい存在に思えてくるから不思議です。

その昔"トリカブト殺人事件"というのがあって、世間を騒がせたのを覚えているでしょうか?
トリカブトの毒は"ブス(附子)"と呼ばれ、かつては弓矢の先に塗って狩猟に利用されていました。。
ちなみに、一般的には醜女を意味する"ブス"という言葉の語源は、神経毒の"ブス"が体内に入ると、無表情になってしまうことに由来しているそうです。

トリカブト毒素の成分は"アルカロイド"と呼ばれ、これは窒素を含む塩基性化合物の総称です。
カフェインやニコチン、モルヒネ、コカインなどもアルカロイドの一種ですし、ジャガイモの芽にもソラニンというアルカロイドが含まれています。

トリカブトという名称の由来は、舞楽を演じるときに使われる"鳥兜"というかぶりものから来ているそうです。まったくストレートな言い回しで、面白くも何ともないですけど。

季節を告げる草花にも、いろいろな性質があって実に興味深いものです。

この世には、ヤマメの毒に冒されて人生を狂わせた輩もたくさんおります。
これは記号化できない毒素ゆえ、化学的な対処方法もありません。
不治の病として一生抱え込むしかないので、覚悟を決めておきましょう!!

  • 2020.03.06 Friday
  • 07:27
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2006/09/12 8:18 PM, suzuk! wrote:
RWさん こんばんわ

先日は、貴重な情報有難うございました。
週末はデッカイの狙います。

今回はまったく関係ないのですが、是非お聞き願います。

日曜日、気仙川水系某支流でのことです。
暫くぶりの雨のお陰で快調に釣り上がっていたところ、瀬尻に変な生き物が・・・
その生き物は、小さいイワナをくわえていました。
写真を撮ろうとしたら、下流へ一直線!
30cmぐらいのイモリの腹の赤色をしたウナギのようなミミズのような生き物でした。
もうビビリまくりです!
何でしょうか?参りました。怪獣です。

まったく関係ないコメント申し訳御座いませんでした。
2006/09/12 10:42 PM, SAGE愛好会 wrote:
こんばんは

世の中には、色々な毒(麻薬)ってありますね
例えば、パチンコ、ドラッグ、そしてフライフィッシング
岩手でフライを続けたいと思い、
盛岡で就職を決めた小生もまたこの麻薬に汚染されているのかもしれませんね。

個人的な話ですが、小生が結婚するとき、奥方に
「釣りはやめられないし、必ず行き続けるからね」
と宣言しておいて本当によかったと思います。
この麻薬も、釣りに行かないと(静注しないと)
スッキリできないので、中毒ですな。
それはそれで幸せなことですけど。
本当、不治の病と同じです。
自分を見失わない程度に、家庭を壊さない程度に、
人様に迷惑を掛けない程度に、節度をもって付き合っていくしかないですね。
そろそろ中毒症状が出て来るころです。

「もっと薬を〜」
2006/09/13 12:06 AM, urushi-iwana wrote:
こんばんは。この花どこかで見たような気がしますが、トリカブトってどんな所に自生しているのでしょうか。
 それにしても、全草って事は花や葉っぱにも毒があるんですか・・殺人事件はリアルタイムで知っていましたが。
 増水で川にトリカブトが流されたら渓魚はどうなってしまうんですかね、とバカな事を考える私でありました。
 イワナの毒も結構強いと思います。
2006/09/13 2:50 AM, riverwalkers wrote:
suzukiさん
それはおそらく、カワヤツメではないでしょうか。
ヤツメウナギの仲間で、太平洋側では利根川以北の河川に生息して50cmにもなるヤツメウナギの仲間です。
私もこいつに吸血されているイワナを見たことがありますが、サイズによっては死んでしまうでしょうね。

SAGE愛好会さん、
自分を見失わないのは、奥様の愛のおかげに他なりません。つまり、奥様がいなければ通常の社会生活ができないわけですから、奥様には心から感謝しましょう!

urushi-iwanaさん、
トリカブトは渓沿いの藪の中や、林道沿いの山の斜面とか、今頃はどこへ行ってもよく見かけるはずです。根っこの毒が最強ですが、花や葉にも毒があります。葉はニリンソウのそれとそっくりなので、ときどき間違えて食べる人もいるそうですよ。
イワナの毒は、深く静かに効いてきますね。一生の病です。
2006/09/14 1:10 AM, small stone wrote:
こんばんは^^
トリカブトってこんなに綺麗な花だったんですね。
綺麗な花もある一面では恐ろしい部分を持っているのですね。
事件の頃のイメージは何でか知りませんがカブトガニのイメージでもっと暗めの花を想像してましたっけ^^;
ところで今日は彼女を連れて管理釣り場に行って来ました。
ニンフを使ってあれこれと苦戦しているようでいたが一人で24センチのごついヤマメを釣り上げ大喜び・・・良い一日でした。^^
2006/09/14 7:44 AM, riverwalkers wrote:
small stoneさん、
きれいな花には毒がある……ということの典型でしょうか。
彼女にヤマメが釣れてよかったですね。お二人の和気藹々とした様子が伝わってくるようです。
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>


ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
LINK
Copyright 2005〜2010 Seiji Sato. All rights reserved. No reproduction or republication without written permisson.

本ブログにおけるすべての内容は、日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。本ブログに使用している写真・本文の無断転載を禁じます。同様に情報ベースサイト等への流用を固く禁じます。

お問い合わせやリンク等を貼られる際は、プロフィールにあるアドレスへご一報ください。



パタゴニア

RECOMMEND


R1フルジップ・フーディ


ブラックホール・パック 25L Dolomite Blue

リバー・ソルト・ウェーディング・ブーツ(ダナー社製) Feather Grey


ウェーダー・ワーク・ステーション Forge Grey


メンズ ミドル・フォーク・パッカブル・ウェーダー(ショート) Hex Grey


ジッパード・ポーチ P-6


メンズ・バギーズ・ジャケット


メンズ・バギーズ・ロング ハイキング Copper Ore











        





無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.