天候不順、増水中につき…… | SST'S フィールドスケッチ
天候不順、増水中につき……

夏イワナ

太陽を忘れた8月……
今年の夏はどこへ行ってしまったのでしょう。
昨年の8月も天候不順でほとんど出かけていませんでした。

思い起こせばここ数年、夏は天気が悪いのです。

特に今年は日照不足が深刻で、農作物にもじわじわ被害が出てきています。
東京で15%、仙台では何と5% !!
関東から東北にかけての太平洋側は、まさに異常な状況なのです。
県北のお目当ての渓周辺は度重なるゲリラ豪雨に襲われ大増水、近づくことさえできないようです。
週半ばには夏が戻るそうですから、雲の切れ間を狙って出かけようと思います。

 

羽アリ
天候がいくら不順といっても、夏は夏。

生きものたちは粛々と活動していることでしょう。

森の中では羽アリが大発生して、その余波は夜の自販機でも見て取れます。

イワナたちの主食は羽アリとアブ……というのが夏の常識。

増水となれば、流下量、落下量も増加しますから、渓魚たちはどっさりエサを食べて、プックプクに太っていることでしょう。

かめちゃん

カメムシの仲間も水辺をよく徘徊しますから、流れに落下して渓魚たちに捕食される確率が高いです。

 

コガネムシ

コガネムシやハムシの仲間の甲虫類も大発生していることでしょう。

釣れた魚の腹部が偏って膨らんでいるときには、大型の甲虫類を食べていることが多いですね。

 

山はすでに、秋の気配に満ちているはず。

10月初旬には関東地方でもヤマメの産卵が始まるのですから、秋はもうすぐそこなのです。

 

冷水性の渓魚たちにとっては、強い陽射しや減水による水温上昇はあまり良い影響を与えません。
むしろ冷夏で水量の多い年のほうが、渓魚たちには好都合なのです。
自分の記憶でも、記録的冷夏だった1993年は絶好調でした。

それにしても今後は平年並みの気候に戻って、穏やかな季節の移ろいを楽しみたいものです。

増水も解消してもらわないと、老化した足腰にきついので……(^^;

 

  • 2017.10.25 Wednesday
  • 20:38
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>


ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
LINK
Copyright 2005〜2010 Seiji Sato. All rights reserved. No reproduction or republication without written permisson.

本ブログにおけるすべての内容は、日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。本ブログに使用している写真・本文の無断転載を禁じます。同様に情報ベースサイト等への流用を固く禁じます。

お問い合わせやリンク等を貼られる際は、プロフィールにあるアドレスへご一報ください。



パタゴニア

パタゴニア

パタゴニア

RECOMMEND



メンズ・ナノエア・ライト・フーディ クライミング Paintbrush Red











        





無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.