立春の候 | SST'S フィールドスケッチ
立春の候

Pちゃん梅の花にメジロ……

毎春の約束された光景ではありますが、やはり季節を感じさせてくれます。

立春とはいえ、今日の午後は凄まじい北風が吹き荒れ、砂煙が舞い上がっていました。

それでも陽だまりの光は柔らかく、紅白の梅の花を縫うようにしてメジロの群れが行き交い、利根川の河畔林はにぎやかになってきました。

 

手ぶれ補正のない望遠レンズは重たくて疲れますが、お散歩写真なら三脚なしでも十分楽しめます。

せめて迷彩柄のウェアでも着て行けばよかった(笑
 

 

そして先週の土曜日には……

稲含山山頂西上州の稲含山(1370m)へ行ってきました。

登山道には若干の積雪、ところどころ凍結していましたが、のんびり歩きました。

山頂は快晴、360℃の大パノラマを楽しめました。
 

山守り人登山道で行き会った山守り人の岩井実さん。

中小坂鉄山研究会のメンバーで西上州の地質等に関する造詣が深く、稲含山を構成する鉱物等のお話をいろいろ伺いました。

何と今回で稲含山登山841回目!

まさに山の主です。
そして足回りは鋲付きニーブーツ……
やはりこれが冬の里山最強のローカル・アイテムのようです。
 

楽山園早い時間に下山できたので、甘楽町の楽山園へ立ち寄ってきました。

ここは織田宗家ゆかりの大庭園、少しだけ歴史のお勉強(^^;
 

池のコイ毎度のことですが、魚を見ると素通りできない性分。

池のコイとはいえ、ついついその行動を観察してしまいます。

水底の小石を吸い込んだり吐き出したりしているのは、どうやらタニシを食べているようでした。

護岸の隙間に潜むオオフタオカゲロウのニンフを狙っているやつもいました。
 

眠る男歩き疲れてベンチで横になっているところ。

どう見てもホームレス(笑
 
春の足音が近づいてきているのは確かです。
しかし木曜日には南岸低気圧の接近で、西日本から関東にも雪が降るような…
気温差だけでなく、湿度の変化も大きくなり、体調の維持管理がたいへんな季節です。
どうぞ皆様もご自愛のほどを。
  • 2017.04.23 Sunday
  • 21:35
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>


ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
LINK
Copyright 2005〜2010 Seiji Sato. All rights reserved. No reproduction or republication without written permisson.

本ブログにおけるすべての内容は、日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。本ブログに使用している写真・本文の無断転載を禁じます。同様に情報ベースサイト等への流用を固く禁じます。

お問い合わせやリンク等を貼られる際は、プロフィールにあるアドレスへご一報ください。



パタゴニア

パタゴニア
RECOMMEND


メンズ・ナノエア・ライト・ハイブリッド・ベスト


メンズ・レビテーション・フーディ


メンズ・ナノエア・ライト・フーディ


ブラックホール・ダッフル 60L


メンズ ビーニー・ハット













        





無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.