壁際の絶叫娘 | SST'S フィールドスケッチ
  • 2017.08.20 Sunday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

壁際の絶叫娘

壁際のヤマメ

毎年、多くの釣り人たちの心を挫く大ヤマメ……いつの頃からか、このポイントに入るヤマメたちは「壁際の絶叫娘」と称されるようになりました。
そこは神流川「本谷毛バリ釣り専用区」区間2にある大きなプール。

左岸にそびえるオーバーハングした岩盤直下の流れには、40cm級のヤマメが定位したりクルージングしながら、魅惑的なライズを繰り広げます。


魚の動きの一部始終は、右岸の遊歩道の上からはっきり見て取れるため、誰もが釣ってやろうと躍起になります。

ところが、うまくドリフトが決まらないと見切られるし、もちろんフライが合わないと口にしてくれません。
そして問題なのは、フライを偽物だと見切ったときのヤマメたちの癪に障る行動です。
フライを見つけてスーッと近寄るまでは普通なのですが、見切るやいなや、一目散に矢のような勢いで水底へと逃げ去って行きます。

それはもう「ギャー!」という絶叫が聞こえてきそうな拒絶反応。
「そこまで嫌がらなくてもいいじゃないか…(涙」

プライドを傷つけられ、深い溜息をつく釣り人をこれまで何人も見てきました。

 

ファースト・キャストで決められさえすれば、釣れる確率は高いのですが……

多くの釣り人のメンタルは、プレッシャーを感じるほど脆く危うくなるようで( ̄▽ ̄;)

少なくとも数回は絶叫させないと、結果を出せないのが実態です。


一度逃げ去った魚は、運が良ければ15分程度で戻ってくることもありますが、持ち前のスプーキーな性格は失敗を繰り返すほどに磨きがかかり、時間が経つほどに釣りづらくなります。
運が悪いとその日のうちに戻ってこないこともあります。

戻ってきたと思っても、他の小さな個体と置き換わっていたりします。

そんなときは、日を改めて挑戦するしかありません。

 

絶叫娘との攻防は、ファースト・キャストの大切さを思い知らされる最高の体験になることでしょう。

一般的には、魚に絶叫されるよりも、釣り人が絶叫する回数のほうが多いみたいですが。

 

※画像のヤマメは♂ですが、「山女魚」ということでご理解を(^^;

正座中

引いて撮るとこんなポイントです。

魚は画面左側の岩盤下の流れに入りますが、まずはあらかじめ右岸から魚影を確認しておきます。

下に降りると角度によってはまったく魚が見えないので、動きや捕食パターンを頭の中にインプットしておく必要があります。

そして下流側からアプローチして(それ以外は物理的に不可能なので)、捕食のタイミングを見計らいながら正確にキャストするのです。
画面に映っているこの釣り人は、この場所で何度も痛い目に遭っています。
それゆえにこの時は、ヤマメに対するリスペクトの意味合いも含めて、礼儀正しく正座していました。
あっぱれな釣り人魂です。
そして幸運が訪れた瞬間、彼の狂喜の絶叫が谷間に響き渡りました。
壁際の絶叫娘を制する、壁際の魔術師の誕生です。
師走の夜、ふと思い浮かんだ初夏の日の妄想。
年が明ければ、春はもうすぐそこですものね!

 

  • 2017.08.20 Sunday
  • 20:27
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>


ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
LINK
Copyright 2005〜2010 Seiji Sato. All rights reserved. No reproduction or republication without written permisson.

本ブログにおけるすべての内容は、日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。本ブログに使用している写真・本文の無断転載を禁じます。同様に情報ベースサイト等への流用を固く禁じます。

お問い合わせやリンク等を貼られる際は、プロフィールにあるアドレスへご一報ください。



パタゴニア

パタゴニア

パタゴニア

RECOMMEND



メンズ・ナノエア・ライト・フーディ クライミング Paintbrush Red











        





無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.