晩秋のみちのく釣行 | SST'S フィールドスケッチ
晩秋のみちのく釣行

季節を見送る毎年恒例の宮城県の鳴子温泉、鬼首を流れる荒雄川C&R区間に行ってきました。

例年は10月中旬を目安に出かけていましたが、今年は秋のコカゲロウのハッチを期待して11月初旬の3日間を選びました。
やはり季節の進行は遅れ気味で、水辺の緑の割合はいつもの10月と変わりません。


フタバコカゲロウDD予想通り、メイフライはハッチしましたが……

初日の午前中にハッチが多かったのは、なんとフタバコカゲロウ(#16〜#18)の仲間でした。

先日の北海道釣行と同様に、季節の巡る様子をいまひとつ掴みきれません。
 

禿岳鬼首を代表する山のひとつ、禿岳(かむろだけ、1261.7m)

さすがに中腹付近の紅葉は終わっていますが、ふもとの森はようやく色づき始めた感じ。

牧草は青々しています。
山頂付近にも冠雪はなく、穏やかな表情でたたずんでいました。

今年の荒雄川荒雄川は淵が埋まって、ざらっとした浅い流れが多くなっていました。毎年のように渓相が変化するのは当たり前のことで、こればかりはどうすることもできませんね。

魚影の濃さは相変わらずですが、初日の人の多さといったら、東北中のすべての釣り人が集まっているのではないかと思えたほど。
暴風が吹き荒れた2日目でさえ、50m間隔で釣り人の姿が見られました。

そうなると、さすがのニジマスたちも神経質になります。
ひっきりなしに通過する釣り人たち、
ポイントへもどんどん踏み込んで歩いて行きます。
釣り方も工夫しないといけません。
皆さんが流し忘れているところ、釣りづらいところ等々、
正攻法で攻略するのは難しいポイントを釣らないと、魚の顔を拝めません。
 

マイクロベイティス2日目の荒天時には、予想通り極小のコカゲロウ(#20〜#22)の仲間がスーパーハッチしましたが、ダンにはほとんどライズしない状態。
猛烈な風に打たれながら、我慢の釣りを強いられました。


おでぶちゃんそれでも、魚のつき場を的確に予想して、ピンスポットでフライを入れることができれば、意外にあっさり釣れてくれます。

浮かせようと沈ませようと、長いドリフトは不要。追い食いはまずしてくれません。

当然ながら、小さなメイフライ・ニンフを多く捕食していますから、フライは#18前後のフェザントテール・ニンフ等が堅実です。
そういう意味では少々特殊な状況だったかもしれません。
魚たちはよく太っていて、「キーン」という糸鳴なりを響かせながら走り回ります。

A5仙台牛ステーキ人間のエサのほうは……
今年もA5クラスの仙台牛ステーキに舌鼓を打たせていただきました。
宿はいつもの「ペンション森りんこ」
冷えた身体を解凍する温泉も最高でした。

お世話になった皆さん、今年もありがとうございました。
荒雄川C&R区間は11月末日まで楽しめます。

※最新の情報によると、本日鬼首にも初雪が降った模様。
禿岳もうっすら雪化粧したということです。

これから駆け足で冬へと向かうのでしょうか。
  • 2017.04.23 Sunday
  • 19:20
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>


ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
LINK
Copyright 2005〜2010 Seiji Sato. All rights reserved. No reproduction or republication without written permisson.

本ブログにおけるすべての内容は、日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。本ブログに使用している写真・本文の無断転載を禁じます。同様に情報ベースサイト等への流用を固く禁じます。

お問い合わせやリンク等を貼られる際は、プロフィールにあるアドレスへご一報ください。



パタゴニア

パタゴニア
RECOMMEND


メンズ・ナノエア・ライト・ハイブリッド・ベスト


メンズ・レビテーション・フーディ


メンズ・ナノエア・ライト・フーディ


ブラックホール・ダッフル 60L


メンズ ビーニー・ハット













        





無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.