中ノ沢の二日間 | SST'S フィールドスケッチ
中ノ沢の二日間
イワナ先週末は二日続けて上野村の神流川上流「中ノ沢毛ばり釣り専用区」に出かけました。
初日は”Oyabun Promotion” 主催のFFスクール、2日目は Flyrodders 誌の取材ということで、両日とも仕事ではありましたが、天候にも恵まれて絶好釣の二日間でした。
中ノ沢のイワナは大物揃いですよ。
空を飛びそうな大きな胸ビレ……素敵です(^^♪

全員集合今回のスクールのテーマは「端境期の渓とフライローテーション」
北関東の渓流では今の時期、捕食対象が水生昆虫から陸生昆虫へ移行の真っ最中。
そんな季節に効果的なフライローテーションの方法を中心に、レクチャーさせていただきました。
 
最も効果的なフライをセレクト、一撃必釣といきたいところですが……
ほぼ100%サイトフィッシングになるため、高まる緊張感でわなわなしてしまいます。
もちろん、ヤラカシ癖の矯正にも力を入れました(笑
参加された皆さん、主催のOyabun promotion さん、ありがとうございました。
 
ミヤママンネングサあいにくの渇水と暑さでしたが、渓魚たちの活性は高く、ライズも頻繁に見られました。
新緑とあいまって、マンネングサの仲間の花がとてもきれいな季節です。

ワイルド・やまめ20cm前後のヤマメは、すべて中ノ沢生まれの野生魚です。
その生息密度は相当なもので、来年は成魚放流の必要はないかもしれません。

ヤマメの稚魚それにも増して当歳魚の密度は驚異的でした。
岸寄りの緩い流れには、おびただしい数の稚魚がひしめいていました。
昨年の秋、産卵床の多さを確認しているので、ある程度は予想していましたが、これほどとは……
成長の様子を毎日でも観察に行きたいくらいです。

二日間、たくさんの皆さんにお世話になりました。
優れたフィールドが完成されていく様子を垣間見るのは嬉しいものです。
一雨降れば、渓魚たちの活性はさらに高まることでしょう。
 
  • 2017.07.17 Monday
  • 23:23
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>


ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
LINK
Copyright 2005〜2010 Seiji Sato. All rights reserved. No reproduction or republication without written permisson.

本ブログにおけるすべての内容は、日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。本ブログに使用している写真・本文の無断転載を禁じます。同様に情報ベースサイト等への流用を固く禁じます。

お問い合わせやリンク等を貼られる際は、プロフィールにあるアドレスへご一報ください。



パタゴニア

パタゴニア
RECOMMEND


メンズ・ナノエア・ライト・ハイブリッド・ベスト


メンズ・レビテーション・フーディ


メンズ・ナノエア・ライト・フーディ


ブラックホール・ダッフル 60L


メンズ ビーニー・ハット













        





無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.