北国ロード2015を終えて | SST'S フィールドスケッチ
北国ロード2015を終えて
ヤマメ約1ヶ月の長旅から無事帰宅しました。
出足の東北地方はまあまあの天候に恵まれたものの、北海道では連日の曇天、霧、小雨という鬱陶しい日々……
挙句の果てには48時間以上も大雨が降り続きました。
梅雨のないはずの北海道ですが、関東地方の梅雨とまったく変わらないジメジメとした気候に悩まされました。

雫そんなわけで、水辺は毎日こんな状態です。
道内には14日間滞在しましたが、晴天はたったの3日間。
結果的に、釣果に恵まれたのは晴れた日だけでした。
 
打ちのめされて今回の旅ほど、雨具を着用する機会が多かったことはありません。
新品の雨具を持って行って助かりました。
画像は連日の雨に打ちのめされているところを自分撮り……
というか、疲れて眠たかっただけですがw

エゴノキの花水辺に落ちるエゴノキの花が目についた旅でした。
いつもの年よりも、開花が早かったような気がします。

例年であれば、東北ではタニウツギの花が盛りのはずなのに、今年はすでに終わりかけていました。
花色もいまひとつ冴えなくて、特異な年であることを感じました。

イワナそれでも渓魚たちは元気でした。
晴れた日にはウキウキでサイトフィッシングを楽しませてくれました。

道南方面は雪解けが早く終わり、釣り人が早期から奥に入れたそうです。
今回も思わぬところで、虐殺部隊が残した生々しい現場を目にすることがありました。
北海道はいったいいつまで無法状態を続けるのか、心配になります。
自然の恵みを当然のように享受する時代は、すでに終焉を迎えているというのに……

初夏の北国ロードを始めて10年以上が経ちます。
道南の渓はけっして期待を裏切ることはありませんが、今年は様々な変化について考えさせられた旅になりました。
確かなのは、同じ状態はいつまでも続かないということ。
目に見える風景に変化はなくても、その中身はあっという間に変わってしまいます。

今年も行く先々でお世話になった皆さんに心からお礼申し上げます。
自然や生きものたちに感謝しながら、いつまでもこの旅を続けたいと祈念しております。
 
  • 2017.07.17 Monday
  • 22:05
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>


ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
LINK
Copyright 2005〜2010 Seiji Sato. All rights reserved. No reproduction or republication without written permisson.

本ブログにおけるすべての内容は、日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。本ブログに使用している写真・本文の無断転載を禁じます。同様に情報ベースサイト等への流用を固く禁じます。

お問い合わせやリンク等を貼られる際は、プロフィールにあるアドレスへご一報ください。



パタゴニア

パタゴニア
RECOMMEND


メンズ・ナノエア・ライト・ハイブリッド・ベスト


メンズ・レビテーション・フーディ


メンズ・ナノエア・ライト・フーディ


ブラックホール・ダッフル 60L


メンズ ビーニー・ハット













        





無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.