朝もやの渓で | SST'S フィールドスケッチ
朝もやの渓で
天孫降臨森の木立を抜けるいく筋もの光が、朝もやを貫いて水面を照らします。
神様が降臨されても不思議ではない荘厳な風景……
ともすれば、別の世界に引き込まれそうな気配さえ漂っていました。

いつしか朝もやは消え、渓谷に軽快な沢音が響き渡ります。
ふと我に返り、上流を見やると、さわやかな夏の青空が広がっていました。

さて、このうえない神聖なシーンに出会えただけで十分満足でしたが、釣りも楽しまなければ!
 
オニシモツケ今回訪れたのは、以前に一度来たことのある新潟県の渓。
水辺を彩るオニシモツケの花は、夏の訪れを告げるふわふわ優しい綿菓子のような花です。

越後イワナ流れには元気なイワナたちがたくさん走り回っていましたが、大きな魚には出会えませんでした。
昨年の大出水で渓が荒れていたのが心配です。

トラバース岸壁をトラバースする同行者。
お腹が出ている人には辛いかもしれませんw
食欲に抗えなかったら、こんなところへも行けなくなります。
夏太りには気を付けないと……

雪渓上流部には湯も残っていました。
クマの気配も濃厚でしたが、ひどい暑さでしたから、昼間は寝ていたのだと思います。

いよいよ本格的な夏の訪れです。
この次に出かける渓では、どんな風景に出会えるのか。
今から楽しみです!
 
  • 2017.07.17 Monday
  • 01:18
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2014/07/29 8:17 PM, あま党 wrote:
こんばんは。
神々しい光景に出会える事も目的の一つですね。

夏太り・・・22時以降に晩御飯とは・・・(汗)
2014/07/29 10:14 PM, riverwalkers wrote:
あま党くん、
EOSを持って行かなかったことを後悔してます。
あの時間まで川にいたら……仕方ありません(>_<)
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>


ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
LINK
Copyright 2005〜2010 Seiji Sato. All rights reserved. No reproduction or republication without written permisson.

本ブログにおけるすべての内容は、日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。本ブログに使用している写真・本文の無断転載を禁じます。同様に情報ベースサイト等への流用を固く禁じます。

お問い合わせやリンク等を貼られる際は、プロフィールにあるアドレスへご一報ください。



パタゴニア

パタゴニア
RECOMMEND


メンズ・ナノエア・ライト・ハイブリッド・ベスト


メンズ・レビテーション・フーディ


メンズ・ナノエア・ライト・フーディ


ブラックホール・ダッフル 60L


メンズ ビーニー・ハット













        





無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.