2013年 秋のヤリタナゴ移動作業 | SST'S フィールドスケッチ
2013年 秋のヤリタナゴ移動作業
寒空の下どんよりとした曇り空の下、恒例のヤリタナゴ移動作業に参加してきました。
この作業は繁殖地から流出した個体を採捕し、繁殖地へ戻すことを目的としています。
様々な要因で減少の一途にあるヤリタナゴですが、今回も過去最低の採捕数となってしまいました。

美ヤリタナゴその一方、健全な生息環境が保たれている区間では、これまで見たことのない大型個体を確認できました。
うっとりするような美しさには驚かされるばかり……

その一方、こうした現象の背景に何があるのか。少々心配になってきます。
集団の個体数減少に伴う結果なのか、その原因は定かではありませんが、素直には喜べないのが正直な気持ちです。
 
おじょろさんヤリタナゴの棲息地は、ささやかな農業用水路です。
離農が進み、一般住宅が増えたぶんだけ環境悪化は進行しています。
今後も予断を許さない状況が続きますが、何とかこの窮状を乗り切ってもらいたいものです。

タイリクバラタナゴもうひとつの脅威はタイリクバラタナゴの浸入です。
以前からどこからともなく混入していたのですが、その割合がじわじわと高くなっているような……

不安材料が山積する中、保護活動に尽力している地元の皆さんの努力には頭が下がります。
可能な限り協力いたしますので、活動の幅をさらに広げていただければと思います。

今回の移動作業に参加していただいた皆さん、お疲れさまでした。
次回は来年の春に行われる予定です。

※ヤリタナゴは藤岡市の天然記念物に指定され、通常は採捕することが出来ません。
移動作業は市の許可を受け、文化財保護課の職員の方々立ち会いのもとに行われています。

 
  • 2018.01.03 Wednesday
  • 20:32
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>


ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
LINK
Copyright 2005〜2010 Seiji Sato. All rights reserved. No reproduction or republication without written permisson.

本ブログにおけるすべての内容は、日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。本ブログに使用している写真・本文の無断転載を禁じます。同様に情報ベースサイト等への流用を固く禁じます。

お問い合わせやリンク等を貼られる際は、プロフィールにあるアドレスへご一報ください。



パタゴニア

パタゴニア

パタゴニア

RECOMMEND



メンズ・ナノエア・ライト・フーディ クライミング Paintbrush Red











        





無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.