オオミズアオ | SST'S フィールドスケッチ
オオミズアオ
触角昆虫の体を構成する部位というのは、クローズアップしたときの見事な造形美に驚かされることがあります。
これはオオミズアオという巨大なヤママユガの仲間の触角の拡大図。
何だかシダ類の葉のようにも見えますが、これが感覚器の役割をするのですから、カタチが秘めた能力には、人間の想像力などをはるかに超えた生きものたちの英知が感じられます。

オオミズアオオオミズアオの成虫(以前にも同じ写真を使ったかも)……
鮮やかなライム・グリーンのウィングを広げると、10cmを超えるくらいの大きさがあります。

ピンクの美脚
ウィングの前縁部は濃いサーモンピンクのラインで縁取られ、白い繊毛に覆われた胴体から、やはりサーモンピンクに彩られたの脚が6本……という毒々しくも絶妙な配色。
微塵の悪意も感じられない可愛らしい目も素敵です。
初夏の夜に舞う異次元の妖精みたいですね。


以前、北海道で見た光景……
街灯に飛来するオオミズアオの成虫をキタキツネがムシャムシャと食べていました。
キツネの口に咥えられたライム・グリーンの翅がパタパタと力なく動く様子が何とも不気味。生きもの同士の命の交換……神秘的でシュールな瞬間でした。
ちなみにヤママユガ科のガはすべて無毒ですから、アレルギーがない限り、触っても問題ありません。幼虫は人間の大好きな植物(ウメ、サクラ、リンゴ等)の葉を食べるので、人間との相性は抜群です(w


駒ヶ岳和裁はがらりと変わりますが……
今週の水曜日あたりから、毎年恒例の北国ロードへ出かけます。
北海道へ入るのは6月13日頃の予定。
いつものように、駒ヶ岳を眺望できるログハウスに滞在します。

エゾイワナ今年は北海道でも季節が遅れている様子、イワナたちの動きが気になるところですが……
どんな旅になるやら、とても楽しみです!

その前にいろいろやっておくことが山積み。
準備だけでもなかなかたいへんです。


  • 2018.02.09 Friday
  • 00:12
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2012/06/08 9:47 PM, ひろぼん wrote:
師匠、こりは。。。ダメです。

これ、生で見たら、さぶいぼでまくると思います・・
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>


ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
LINK
Copyright 2005〜2010 Seiji Sato. All rights reserved. No reproduction or republication without written permisson.

本ブログにおけるすべての内容は、日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。本ブログに使用している写真・本文の無断転載を禁じます。同様に情報ベースサイト等への流用を固く禁じます。

お問い合わせやリンク等を貼られる際は、プロフィールにあるアドレスへご一報ください。



パタゴニア

パタゴニア

RECOMMEND


メンズ・ハイパー・パフ・フーディ Fluid Green


メンズ・マイクロ・パフ・ジャケット Dolomite Blue


ステルス・チェスト・パック 4L Forge Grey


メンズ・フーディニ・ジャケット Rock Jigsaw: Sprouted Green


ナイン・トレイルズ・パック 28L Classic Red


メンズ・ナノエア・ライト・フーディ Paintbrush Red


メンズ・クラウド・リッジ・ジャケット Viking Blue











        





無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.