復活熱望!! | SST'S フィールドスケッチ
復活熱望!!
PowerShot Pro 1デジタルカメラの出現で、カメラの保有率は格段に向上……
それだけに、各メーカーはしのぎを削り、次から次へと新製品を市場に投入してきました。

そんな中、異彩を放っていた機種が"Canon PowerShot Pro 1"でした。
このカメラは、高倍率ズームのレンズ一体式、風貌が一眼レフっぽい[ネオ一眼]と呼ばれるタイプのコンデジです。
2004年3月に発売され、異例のロングセラーを続けていましたが、すでに生産中止になって久しく、持ち歩く人も滅多に見かけなくなりましたが……ひっそり隠し持っている方も多いと思います。
発売当初は10万円以上の販売価格。けれども、コンデジにキヤノンの技術の粋を集めた"Lレンズ"を使用した機種は後にも先にもPro 1 だけですから、その価格にも納得でした。

自分はカメラ本体よりもレンズの性能を信用する方なので、Lレンズと聞いただけで服従してしまいます(w
実際、画質はたいへんよくて、ISO感度100までなら同時期の一眼レフカメラに負けない画質を見せてくれました。
そして優れた解像力という点で、このカメラを超えるコンデジには出会っていません。
私のように山河を駆け巡り写真を撮るタイプの人間は、こうしたタイプのカメラがどうしても必要なのです。

仲間内では「Pro 2 が発売される!」と噂されたりもしましたが……
もう2度と、Lレンズ搭載のコンデジは現われないのでしょうか?
 さくらちゃんこれまでこのカメラでいったい何匹の渓魚たちを撮ってきたことでしょう。
今でもスーッとレンズを向ければ、何の違和感もなく撮影できるはずですが……残念なことに、私の所有するpro1は1年ほど前からAFの調子が悪く故障中。修理に出そうか迷っています。
画質以外の点では、やはり今のカメラに劣る部分も多いし、修理にかかる費用も心配の種ですね。

そんなわけで、Lレンズを搭載したコンデジの復活を熱望します。
必ずしもネオ一眼のカタチでなくてもいいので、よろしくお願いします!


プリント鑑賞中来る2/19(日)、[SS コンデジスクール in AFF]を開催いたします!
今回はコンデジ(コンパクト・デジタルカメラ)で渓魚や虫を上手に撮る方法をメインに、ミッジ・フィッシングについても少々解説させていただきます。

お申し込み、お問い合わせはこちらへどうぞ!
尚、3/10(土)にも同様の企画を予定しています。
PS:今回は鉄鍋料理もつきますぞ!
   
  • 2018.01.03 Wednesday
  • 01:25
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2012/02/06 11:27 PM, うるし〜 wrote:
こんばんは。
確かに先日の写真大会でも、レンズが威力を発揮しましたし。
マイクロフォーサーズにCanonが進出して、Lレンズが出たりして・・貧乏人の私には買えませんけどw
2012/02/08 1:03 AM, riverwalkers wrote:
うるし〜、
3月初旬に発売されるPowerShot G1-Xの仕様を見ると、今後の展開が何となく想像できます。
近い将来、うるし〜財閥でLレンズの全製品を揃えていただき、レンタルさせてもらえると助かります!
2012/02/13 5:51 PM, タッド wrote:
お久しぶりです! と言っても、すみません、まったく親しいなかでもなく、コメントするのが久しぶりという挨拶です。。。
 記事をみて、さっそくにヤフオクで落札した次第です。たまたま出ていたので、これは何かの...と思ってしまいました。届くのが楽しみです。また、関連の記事などをご紹介いただけるとうれしいです。よろしくお願いします。
2012/02/13 10:33 PM, riverwalkers wrote:
タッドさん、
いろいろな意味で古いカメラですので、撮影に際しては何かとストレスを感じると思います。
低感度でなければ優れた解像力を発揮できないのに、この時代のものは手ブレ補正なしですから、使いこなすにはウデが必要な機種かもしれません。
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>


ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
LINK
Copyright 2005〜2010 Seiji Sato. All rights reserved. No reproduction or republication without written permisson.

本ブログにおけるすべての内容は、日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。本ブログに使用している写真・本文の無断転載を禁じます。同様に情報ベースサイト等への流用を固く禁じます。

お問い合わせやリンク等を貼られる際は、プロフィールにあるアドレスへご一報ください。



パタゴニア

パタゴニア

パタゴニア

RECOMMEND



メンズ・ナノエア・ライト・フーディ クライミング Paintbrush Red











        





無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.