Vibration | SST'S フィールドスケッチ
  • 2018.08.24 Friday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Vibration
ユスリカ・アダルト水面から飛び立とうと、凄い速さでウィング(翅)を振動(バイブレーション)させるユスリカの成虫……
マクロレンズで撮影中、耳を澄まさずとも「ブ〜〜〜ン」という羽音が聞こえてくるほどです。
5mmにも満たない小さな体なのに、翅を震わせながら水面を滑走するときの存在感は大きく、しかもかなり長い時間その状態を維持します。
揚力で身体が浮き上がり、脚踏みするようにサーフェス・フィルムをとらえているのも特徴的。双翅目の昆虫ゆえ、一対の翅しか持っていませんが、華奢なフォルムに似合わない力強い動きに驚かされます。

そんな様子を観察しながら、フライで表現するときのCDCのボリューム、取り付け位置や長さ、そしてアブドメンの処理方法等について考えます。
隠されているたくさんのヒントに気づいたり、理解するのはたいへんですが、観察することの大切さを忘れてはいけませんね。

さくらさくら一昨日の水曜日、 日中の過ごしやすい時間帯に赤城FFで撮影、釣り、そして日向ぼっこして過ごしました。
ユスリカのハッチは午後1時半頃からポツポツ見られたのみ。
それでも水面で激しく翅を震わせるユスリカ・アダルトへは、鋭く反応していました。

サクラの魚体もふっくらして、いい感じですね〜!


スポーニング・モード藻際の砂底では、産卵行動に励むニジマスたちが見られます。
ニジマスの場合、実際には産卵に至らない擬似産卵行動も多いため、彼らの本気度は不明です。
しかしながら、人が近寄っても全然逃げません。
釣るきはまったくなくても、ちょっとした拍子にスレで掛かってしまうことがあるのでご注意を。


この週末は天気が良さそうです。
ユスリカが増えてくれれば楽しめるのですが……

  • 2018.08.24 Friday
  • 00:02
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2011/12/10 6:51 PM, N wrote:
riverwalkerさんこんばんは。

赤城の透明度も増し、いよいよ楽しい時期が来ましたね〜。

今年は、ユスリカのハッチが安定していませんが、ここ数日、また寒さが増してきたので、そろそろ集中ハッチが来そうな気配。

今晩、ちまちまとフライを巻いて、明日行って来ようかと思います。
2011/12/11 10:03 PM, riverwalkers wrote:
Nくん
見かけるユスリカの種類がいつもの年とは違う様子。池の中の小宇宙は不可思議なぶんだけ興味深いですね。

鍵コメさん、
貴重なご意見、ありがとうございます。
参考にさせていただきます。
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>


ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
LINK
Copyright 2005〜2010 Seiji Sato. All rights reserved. No reproduction or republication without written permisson.

本ブログにおけるすべての内容は、日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。本ブログに使用している写真・本文の無断転載を禁じます。同様に情報ベースサイト等への流用を固く禁じます。

お問い合わせやリンク等を貼られる際は、プロフィールにあるアドレスへご一報ください。



パタゴニア

RECOMMEND


メンズ・フーディニ・ジャケット Copper Ore


メンズ・フィッツロイ・ベア・オーガニック・Tシャツ Feather Grey


メンズ ミドル・フォーク・パッカブル・ウェーダー(ショート) Hex Grey


マーケット・トート Save Our Rivers: Shadow Blue


ナイン・トレイルズ・パック 28L Classic Red


メンズ・マイクロ・パフ・フーディ Balkan Blue











        





無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.